注目キーワード
  1. ペアーズ
  2. ファッション
ペアーズでマッチングした女の子にドタキャン

ペアーズでマッチングした女の子にデートをドタキャンされたときの対処法とマインドセット

ペアーズでマッチングした女の子にドタキャン

誠実で自分から相手を裏切ることがないがゆえに心を痛めつけられたような気持ちになってしまったのだと思います。お気持ち良く分かります。

少し厳しく聞こえるかもしれませんが、僕が感じたことをお伝えしますので、どうぞ心穏やかに聞いてもらえたらと思います。

まず「仕打ち」という言葉遣いから被害者意識が強い方なのかなと思いました。また、仕打ちという表現は女性への過度な期待の反動としての表れから来るものだと。

今回考えられるケースとしては、

「しっかり食いつかせていなかった」
「ラポールを形成できていなかった」
「女性に高い価値を感じてもらえていなかった」

ということで、釣りで言うところの魚の口に針の返しがしっかりと引っかかっていなかったため、魚が逃げたということが現実的なところでしょう。

おそらくデートの約束を取り付けるということをゴールとしており、その過程の会話が疎かになってしまっているのかもしれません。

アポを取ることを最優先した場合、会話の内容はアポを取ることの二の次になってしまい、アポが取れたは良いものの、ドタキャンに遭ったり、途中でラインが返って来なくなったりということは往々にしてあります。

恋愛活動をしていれば分かりますが、女性は口で言ってることと実際の行動が伴っていないことが多々あります。

仕事では段取りがあり、自分以外の集団に迷惑をかけることから規律やルールを遵守しますが、プライベートでは個人間のやりとりであることから感情や気分を優先します。

楽しそうにしていたにも関わらず、突然連絡がなくなり、半年後に連絡が来るということもあります。

僕自身も普段のパフォーマンス通りに女性と接しているにも関わらず、何の前触れもなくラインをブロックされ、連絡が取れなくなるケースというのは未だにあります。コンディションが悪いときは、ドタキャンが2,3人と連続することもありますからね笑

 

それから、他にいい男が現れたということも考えられますね。

僕たち男性もそうですが、今連絡を取っている女性よりも、ルックスや性格が良い女性が現れたらそちらに気を惹かれませんか?

女性は年齢が若い子や精神年齢が低い子ほど、自身のルックスに自惚れて

「私を中心に世界は回っている」
「可愛いから何でも許される」

とまるで“男はすべて私の言いなり”というような勘違いも甚だしい子が多いです。
(若いので多めに見てあげましょう)

若くて可愛い子の競争倍率は数十倍〜数百倍で、同年代の男性と比べて求められる数が異常なので、当然それだけの男性からアプローチされれば、目移りしてしまうこともあるでしょう。

 

男女関係のあるあるとして、

・仲良くなってもラインをブロックされることもある
・あくまで口約束でデートを取り付けたに過ぎない
・気分が変わればデートの約束を白紙に戻すこともある

ということを、今一度再認識しておきましょう。

 

所詮はラインをブロックするような低俗な女性です。
自分のことばかりを考えているようなまだまだお子ちゃまな女の子です。

僕は”その程度の女性”に期待をすること自体が間違っていると解釈し、期待のバランスを見直すことで対処しています。

何も期待をすることが悪いわけではなく、人間力の高い女性が相手だと期待を上回るような反応を返してくれるため、お互いに期待を越えられる関係で居続けられます。

高い次元で女性と繋がりましょう。
雲の上の景色は澄み渡って晴れ模様ですよ。