注目キーワード
  1. ペアーズ
  2. ファッション
クルーザーの上の前澤さん

ZOZOTOWNの前澤さんがモテる理由を恋愛の達人が解説してみた

 

目まぐるしい現代を生き抜くお父さん方が、唯一自分を曝け出すことができる場所が”風俗”であり、パンパンに溜まった性タンクの解放と現代社会のストレスやアクを抜くため、今日もまた、お気に入りの風俗嬢を指名するのである。

 

手コキ悶絶1

手コキ悶絶3

 

「ダメです!ボクはもうダメです!ダメです!くっくっ ! くぅぅぅ‥‥」

「あぁあぁあ”ーーー!!むふぅぅうー!!いきゅっ!!」

「あひいっあひいっあひいっ」

「いくよ!いくよ!いくよ!アーッス!アーッス!アーッス!」

 

手コキ悶絶2

 

自分に正直に生きることが難しく、”社会的規範に準じた行動をしなければ”と常にプレッシャーの檻の中に自分を閉じ込めることは、莫大なストレスを抱えることになる。自分に正直になれる瞬間は、自分を抱擁してくれるお気に入りの風俗嬢の前だけである。

お父さんの性の発散という名のアク抜きは、日頃の自分へのプレゼントなのかもしれない。

いや、もはや生き甲斐と化しているのかもしれない。

 

「出す!出す!」

「ハス!ハス!オス!オス!」

「ちっきしょぉおおおおーーーー!!」

 

 

一度自分の性癖を完璧に満たしてくれる異性に出会うと、「決して自分では得られない快感があり、異性の力が必要である」と深く考えさせられるようになります。

完璧な異性は、理性の崩壊を招き、本能を暴走させます。

 

卑猥ですよ、この身体。

 

卑怯ですよ、この身体。

 

 

森咲智美が赤い洋服を着てM字開脚している

 

お願いですから、くれぐれもこの画面を見ながら抜かないでください。

僕のブログが何万人もの読者の精液で汚れてしまい、しまいには固まって鍾乳洞のようになってしまいますから。

 

鍾乳洞

 

 

何言ってんですかw
ファービー(恋達の弟子)
ファービー(恋達の弟子)
恋達
恋達
若造よ、わしの趣味に首を突っ込むんでない。

 

屈託のない笑顔

前澤友作

日本の実業家。
ファッション通販サイトZOZOTOWNを運営するZOZOの創業者であり、代表取締役社長。
フォーブス誌によると2017年3月時点で、総資産は3330億円で、世界長者番付630位、日本長者番付14位。                     

        引用:wikipedia

 

卓越したビジネスセンス、屈託のない笑顔、まっすぐに生きる強い信念を持った模範的な大人の前澤さん。

 

前澤さんはちゃんとモテの本質を突いていて、捉えています。

この人、パッと見の印象だとバカなお猿さんってイメージですが、相当頭良いですよ、ちゃんと客観的な見られ方も計算出来ています。

 

ということで、今日はZOZOの社長前澤さんがモテる理由を僕なりに考察してみたいと思います。

僕のブログを見て下さっている方は、

「本物志向で、上昇志向が高く、高い次元に到達した人物からモテを学び、また自分も高みへ登っていきたい」

という気概を持った方が多いので、そういった方にはかなり参考になると思います。

 

では参りましょう。

 

自分に正直に人生を楽しむ少年の世界観

 

「車の話したら、車に乗りたくなる」

「映画で主人公がタバコに火をつけると、タバコを吸いたくなる」

「森咲智美を見て、無性にヌキたくなる」

素直な人って周りの影響を受けやすいですよね。僕もその内の一人で、周りで羨ましいことをしている光景を見ると、触発され、時には勃起してしまうこともあります。

僕も恋愛・モテ・自由な女性関係において、僕をウォッチしてくれる人の憧れとなり、その人たちのちんこを勃たせてしまうぐらいの大人になりたいと思う、今日この頃です。

自分の魂の叫びに忠実になることは、自分に正直に生きることであり、自分を満たせるのは他人ではなく自分です。

「女にモテたい」と思うそこのあなた。自分を満たすことが大切で、そのために自分に正直になれていますか?

 

プライベートジェット

前澤氏が所有する約70億円のプライベートジェット。普通にカッコいいし、欲しいw

 

プライベートジェットで仲間と仲良さそうな一枚 

大人がこんなに楽しそうにしている様子って、普通に生きていると全く見ない光景ですよね。

 

 

社員700人を無料でハワイ旅行に連れて行く大盤振る舞いには、「さすがは社長!」といったところです。

大切な人のためにお金を惜しみなく使える姿勢は、人より年収が高いからではなく、感謝や貢献の気持ちがあるからこそだと思います。

 

仲間を大切にしているところが素敵ですよね!
ファービー(恋達の弟子)
ファービー(恋達の弟子)
恋達
恋達
写真に写ってた人、みんなキラキラしてるよな! 前澤さんみたいな日本を代表するかっこいい社長がもっとテレビに出演して、「起業家・経営者」が子供達の憧れの職業になればええのになぁ。

 

 

41歳って普通は「もう身体が若くない」とか「体力的に・・・」みたいなこと言ってる歳ですよね。

心が若くて、いつも希望に満ちているところが、前澤さんの魅力の一つです。

 

リシャール・ミル

リシャール・ミル。最低で、1,000万円〜で高いものは億の価値がつく世界最高級の時計です。

最近、インスタでもやり手の経営者がちょくちょくつけているのを見かけます。

時計に憧れたり、スーパーカーに思いを馳せるところが、男の子って感じで良いですよね。

 

 

 

「ブガッティの新車”シロン”出たー!!!」って心の叫びをそのままTwitterに投稿する辺りが、少年っぽくて母性本能をくすぐる女ウケの秘密です。

日本ではこういうことを言うと、

「自慢かよ」

「結局金かよ」

「自己顕示欲の塊やん」

と批判したり嫉妬する人が多いですが、余計なプライドがなく、自分の気持ちにまっすぐな潔さこと、モテる男の特徴でもあります。

 

無邪気な前澤さん大好きです。

 

ちなみにブガッティのシロンは世界限定500台のみ販売しているスーパースポーツモデル(およそ3億円)で、審査が通らない限り購入することもできません。

同社が定める収入を継続していること、社会貢献に徹した仕事を全うしていること、そしてタイヤ1本300~400万円を維持するだけの財力があるか

などが条件だそうで、芸能人だとビートたけしや楽しんごが乗っていますね。

 

ブガッティ×エルメス

エルメスとコラボレーションしていて、内装がエスメス社仕様らしいです。

 

エンジン音がいちいちカッコいいです。

 

この車のエンジン始動音とともに、

「いくよ!いくよ!いくよ!アーッス!アーッス!アーッス!」

と口にしてみたいものです。

 

何言ってんすかw
ファービー(恋達の弟子)
ファービー(恋達の弟子)
恋達
恋達
頭悪そうで素敵やろ?w

 

世界の前澤さんはモテるファッションの正解が分かっている

Dior(ディオール)のピンクのトレーナーを着ていますね!

2019年現在で43歳だそうですが、短髪で肌が焼けている渋い大人が着ると、ギャップでカッコ可愛いですね。

右の胸上辺りにさりげなくミツバチが入っているところが、前澤さんの遊び心とも巧みにマッチしています。

 

シンプルな着こなし

シンプルが似合う男ってやっぱりカッコいい。

The・清潔感。

The・王道。

 

 

シンプルなベージュのニットの前澤

前澤さんは基本的に発色の綺麗な物を取り入れたり、アイテムの組み合わせが上手ですね。さすがアパレルブランドの社長。

 

 

キャラTの上にピンクのパーカーを羽織っています。

一歩間違えると「それ、お母さんに買ってもらったん?」と関西人にいじられてしまいます。子供っぽくなってしまう物をさらっとラフに着られるところが大人の余裕を感じさせますね。

スーツとか綺麗めの格好ってビシッとしまっていてカッコいいんですが、同時に相手に緊張感も与えてしまいがちです。

上級のモテるファッションを目指したい人は「シンプル×綺麗め×ラフ」を極めると良いでしょう。

 

これはモテますねw
ファービー(恋達の弟子)
ファービー(恋達の弟子)
恋達
恋達
ファービーは前澤さんと身長も近いから、「サイズ感・色使い・アイテムの組み合わせ」に意識してファッションを作っていったらええで!

 

ZOZOを率いる経営者としての前澤さんの顔・人柄・魅力

女性が好きなくしゃっとした笑顔  

女性が大好きなくしゃっとした笑顔です。

 

この笑顔を覚えておいて、鏡の前で自分の満面の笑みと比べてみましょう。

 

仲間4人とイケてる海外の写真

ペアーズなら余裕で全国1位の実力の写真ですね。年収5,000万〜1億超えの経営者や投資家が名を連ねるハイスペ専用マッチングアプリ「東カレ」においても、向かうとこ敵なしの最強クラスの写真です。

全国の20~60代の”女子”から、毎日数百単位のいいねが飛んでくるでしょう。

 

貫禄がある前澤

この渋い横顔がまたミステリアスな感じで、前澤さんの人間性への好奇心を駆り立てられます。

 

周りとの人間関係が良好 

争いごとがなく、仲間と楽しそうにやっている様子が最高です。仲間がいて、楽しそうにワイワイやっていること自体が、ステージの高い価値ある男の証明です。

 

ちなみに僕も昔から喧嘩や争いが大嫌いで、あまりにも怒らない様子を見た大学の友人からは、

 

「仏の恋達」

 

と呼ばれていました。

 

 

イーロンマスクに肩車をしてもらっている前澤さん

あのイーロンマスクと肩車をしています。兄弟のような仲睦まじさですね。

 

このお茶目なところや無邪気なところが、母性本能をくすぶり倒します。

 

男性の僕でさえも、思わずくすぶられそうになりました。

間一髪で回避しましたが。

 

見ているこっちがほっこりしてしまいますよね。

周りにポジティブなパワーやエネルギーを与えるGIVERであり、真のライトワーカーです。

 

ライトワーカーとは?

 

ライトワーカーとは、光の仕事をする人のことを言います。地球という惑星やそこに住む人間へ、恐れや不安から解放するために、この地球に生まれ、苦しみや不安を抱く人たちを優しく、癒してあげられる存在がライトワーカーなのです。

『愛』を広め、『愛』を持って人と接することができ、人々に知識や知恵を与えて希望や目標を持たせることができるのもライトワーカーなのです。

 

「ライトワーカーってなんや?」となっている人もいると思いますが、またどこかで触れたいと思います。

 

 

前澤さんの顔の表情、姿勢をよ〜く見て感じ取ってください。

こういうところに意識を配り、感じることが「センス・感性」を磨くことに繋がります。

 

こんなに楽しそうな人生を送ってる大人を見たことがないですw
ファービー(恋達の弟子)
ファービー(恋達の弟子)
恋達
恋達
おいw ここに俺がおるやんけw

 

前澤さんの結婚感は世間の結婚観の常識を破った

前澤さんベンツに紗栄子と乗り込むところ

事実婚をしていて2人の女性との間に3人の子供がいるそうです。

maezawa
前澤さん

婚姻制度について深く考えることがあって。
愛の形とか突き詰めたくなったんです。

結婚という形に縛られずに、いつも自分の気持ちにありのままに仕事や恋愛に打ち込めるほうがお互いに幸せで

恋達
恋達
うん、こりゃ死ぬほど共感やな。
考え方が全く一緒ですよね! 恋達さんの将来を見ているような気がしますw
ファービー(恋達の弟子)
ファービー(恋達の弟子)
恋達
恋達
必ず実現するから見といてくれw

前澤さんは、たくさんの女性と付き合いながらも結婚はせず、
子供は認知して養育費を出すという”一夫多妻制”を体現しています。

3人の子供を認知していて養育費などの経済的サポートは年間数千万円に及ぶそうですが、

「結婚という形に縛られずに、いつも自分の気持ちにありのままに仕事や恋愛に打ち込めるほうがお互いに幸せ」

というところが、パートナーと共に人生を豊かにしていく上での本質というか核を突いているような気がします。

 

前澤さん
(彼女は)むしろ応援してくれていて、逆に『子供をほっぱらかしてっていうのだと嫌だ』と本人も言っている。快く送り出してくれる


結婚という形を取らなければ、”浮気者”と周りに犯罪者扱いされることもありません。

お互いが気持ちの赴くままにセックス・仕事・恋愛・趣味の充実ができると、決して常識の中では得ることができない真の幸福が手に入ります。

 

世間はそれを「理想だね。」と言うでしょう。

 

心の中では「そんな理想を叶えれたら良いなぁ…」と思う気持ちも分かります。

自分に異性を惹きつけるだけの魅力や異性を獲得する恋愛能力がなければ、男女関係において妥協せざるを得えません。

「結婚は妥協の産物」と言われる所以もよく分かります。

 

そりゃ誰だって、自分が干渉されることなく、自分の気持ちにありのままに仕事や恋愛に打ち込めて、好きな人と共有する時間を楽しめたら人生幸せですよね。

問題はそれが現実的にハードルが高いだけで、誰でも出来るチャンスはあるということです。

愛の形なんて色々とありますし、異性関係を「友達・セフレ・恋人」という枠組みだけで捉えようとする考え方が、僕からすれば古臭い考え方で、自分の人生を窮屈にしていると感じます。

形をこだわらない方が、お互いに伸び伸びと過ごせる分、もっとシンプル且つ純粋に人を愛せると思います。

 

そして何より、前澤さんのような社会的な立場・責任のあるトップが、自分の気持ちに正直になって発言できることに値打ちがあります。

普通、トップは嫉妬ややっかみで「あそこの企業の社長は女関係でだらしがない」と裏でネチネチ言われたり、いつも行く先々で報道陣に張り付かれたり、週刊誌のネタにされることが「怖い&面倒臭い」わけです。

みんな社会の前では建前を上手に使って、出来る限り好印象を保とうとするじゃないですか。

わざわざ言うだけイメージが下がって、会社の信用にヒビが入るとか株価に影響するとか考えると、とてもじゃないけどお口にチャックをしておいた方が懸命なわけです。

「自分の事しか考えていない男ですね」
「残念ながら、日本は一夫多妻制では無いのですよ!」
「世間に声高らかに言う事では無い。」
「成金特有の悪趣味にしか見えない。」
「もう40歳過ぎ、もう少し女性の心を大切に扱う様、配慮されたら如何でしょうか?? 痛々しいです。」

面倒くさそうなおばさんか正義感の強い非モテ男が言っているのが、用意に想像できますよね笑

偏見を持ち、常識に縛られ、固定概念に囚われた狭い人生で生きていく人とは一生分かり合えないでしょう。

一夫一妻制の結婚制度で家族を作って……っていうルールも、ここ200年弱のことです。

直近3~40年だけに注目しても、恋愛結婚が一般化し、婚前の性交渉は当たり前になり、授かり婚でも誰も何も言わない世の中になって…と世の中は変化しています。

 

前澤さん

結婚ということ自体に全く興味がない。ただの紙を出す作業というぐらいしか思っていないです。

僕はお付き合いさせていただく時点で、結婚同然と思ってお付き合いします。何となく付き合ってても意味がないので。人生を懸けて付き合って、お互い全部さらけ出して、お互いのためにならなきゃ意味がないと思う。

皆さんの思う『結婚』と僕の『お付き合い』は同じなんじゃないかなと。

多くの人は「恋人ができる→交際する→結婚を考え出す→結婚→夫婦生活スタート」という恋愛観を持っているはずです。別にこの恋愛観を持つことが良くないとか、正しいとか正しくないとかそういう問題ではありません。

古い価値観のままアップデートされていないことは事実ですが。

 

「皆さんの思う『結婚』と僕の『お付き合い』は同じなんじゃないかと」

そう思っていても、中々口にできないですよね。自分の信念を持っていて、自分に嘘をつかず、恐れず堂々と公言できるところが真の男らしさでもあります。

 

前澤さんから学ぶモテる男の思考・人間性

パーティー姿の前澤社長

「飾らない、童心で無邪気」

前澤さん
普段から、嘘をつかない、自分も弱みを見せる、そんな風に対等にコミュニケーションを取っていますよ。

 

僕も女性と関わる際に「嘘をつかない」「弱みを見せる」ということを意識していて、この2つを徹底することで、女性にグッと信頼され、信頼されるスピードも桁違いに早いです。

嘘をつかず、弱みを見せた方が良い女にモテますし、長期的に関係が続いていきやすいです。

「自分のダメなところを出したら余計に嫌われてしまうよ・・・」

と今は悩んでいる方も、いつか「むしろ、弱みを出した方が食いつき上がりますやんw」と価値観が変わる日が来るでしょう。

 

「次元の高い仕事への考え方」

前澤さん

社は社会の役に立つこと、人を幸せにするための絶好のツールだと気付かされたんです。

この会社をもっと大きくすること、もっとスケールのデカい事業をやっていくことで、社会の役にたてるはずだ、と確信しました。

 

「自分<仲間の成功」

前澤さん
株式会社ZOZOでは、自分の持っているものを共有して、周りの成長のために使って、惜しみなく話ができる人が活躍していて、人に幸せ・笑顔をたくさん与えられる人が、結果として上司になっている気がします。

 

剛力彩芽
ひたむきで楽しむことを忘れない人柄に勇気を貰え、惹かれています。

何事にもひたむきで楽しむ心を忘れない人柄の人は、男女ともに惹かれますよね。

剛力彩芽が前澤さんの人間性に惚れているのがよく理解できます。

 

「恋達×前澤さんの共通点」

クルーザーの上の前澤さん

・「結婚観」
一夫一妻制に反対で、現在の結婚制度には魅力を感じない。世間の結婚観に流されず、独自の結婚観を貫く
(恋達は世間の恋愛観や結婚観に真っ向から立ち向かっていき、理想を追求していきます)

・「少年心」
小学生がカードゲームのレアカードにハマるように好奇心が旺盛で、自分の興味・関心を追求する
(恋達は車・飛行機・時計が大好きです)

・「人に対する考え方」
自分の大切な人を大切にし、義理・人情に厚く、愛情深い
(恋達は仲間をファミリーだと思って大切にしています)

・「諦めない心」
成功するまで成功する道を模索し続ける
(恋達は自分の可能性を信じ、1%の可能性さえも拾っていきます)

・「革新的」
変化を厭わず、理想を追求し、未だかつてない価値や形を創出

 

「思ったことを純粋に言葉にできる」

「モチベーションの源泉は人の幸せ・喜び」

といったところからも、前澤さんの”デカイ器“や”人生のステージの高さ“を感じさせられます。

 

ここまでを読んで、「なぜ前澤さんがモテるのか?」の本質的な要素・理由が分かったんじゃないかと思います。

モテとは関係なく、単純にこういう「自己実現・表現」をできる大人が日本からもどんどん誕生していって欲しいですね。

 

前澤さんがモテるのは「社会的地位・圧倒的な経済力」だと思ってしまう方もいるかもしれませんが、社会に莫大な価値を提供し、その過程の中で揉まれた「一人の経営者・男」としての資質、自分を偽らずにオープンにコミュニケーションが取れる自信があるからです。

自分という人間が大好きだからです。

年間に4桁万円以上のお金を稼いだことのある人なら共感して貰えると思いますが、お金を持っていても、全くモテません。

 

「金持ちだからモテる」のではなく「お金を稼ぐ能力があるからモテる」

 

ということです。
(飲み屋に行って派手にお金使ってるおっさんを見て、「何でこんなおっさんがモテるんや?金か?」と思ったことがある方は、上記の理由を聞いて腑に落ちたと思います。)

 

これを機に前澤さんのことをもっと知りたくなった人のために、前澤さんが成功するまでのハイライト動画を貼っておきます。

 

この記事を見て、皆さんに、

「モテが先天的な要素で決まるものではなく、後天的努力によって獲得できるものである」

と思ってもらったら、僕のミッションは達成されたことになります。

 

顔や身長などの身体的特性でモテるのは、20代前半まで。

大人になってモテるのは、どれほど揉まれてきたか、どれほど自分を磨いてきたかのもっと本質的なところであり、オスとしての総合的資質を兼ね揃えた本物の男です。

 

ビジョンを掲げ、己を磨き、使命やミッションを果たし、自己重要感を高める。

自分の哲学や信念、軸を持ち、洗練させ、恥ずかしくない生き方をする。

 

 

簡単です。

 

高みへ登るだけです。

 

 

 

もっと自分に正直になって、人生に欲張っていきましょう。

 

 

 

自分を騙す、自分に嘘をつく生き方ではなく。

 

 

 

それでは!