2017/06/23

キャバ嬢とセックスしてきました。またまた中洲の子です。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

関西出身、東京在住。

大手企業を2年で退職し、恋愛コンサルタントとして独立。

「学年で1番変態な男」「オナニー男」と名付けられた中高時代、
鏡で自分の顔を見る度に涙を流していた大学時代を送る。

経験人数300人超え、常時60人以上の女性とやりとりを経て、述べ1万人以上の女性を口説き、同時に女性を口説くだけの日々に虚しさを覚える。

「出会ってくれてありがとう」と言われる、黙っていても口説かれる男になろう。
「世の中の極上美女たちと恋愛し尽くすことで、未来の奥さんを世界で1番幸せにする」と誓い、

日々多くの人間と関わる中で男としての魅力を高め続ける道へ。

現在は延べ100人以上の恋愛の指導に携わり、1300人以上が購読しているメルマガを発行、「Club 恋達」を運営、セミナーや勉強会、コンサルティング活動を行っている。

 

 

どうもー恋達です。

季節の変わり目で風邪を引き、社長令嬢に看病してもらい、2秒で復活致しましたw

また、ここ数日で3名ものコンサル生の方にはるばる福岡までお越しいただき(恋達は現在東京に引っ越しました)、

モテる男の肌感覚を少しでも掴んでもらうべく、恋愛に関するあれこれをガッツリ語りました。

そして当然、恋愛活動にもモリモリ取り組んでおります。

中洲のキャバ嬢と2日連続でデートもしてきました。

img_1666
1回目のデートは、カフェ→夜ご飯→公園→カフェでした。

その日は主に、相手の温度感・価値観なるものを探り、キャバ嬢が求めている温度・男像を演出し、キャバ嬢の好きな男を演じました。会ってから10時間を共に過ごしましたw

公園で、淡く、恋が始まるような、まるで高校生がウブな恋愛をするような、そんなキスをわざとしましたw

お互いに直立した状態になり、キスをしていると、キャバ嬢が「ぎゅーってして」と言うので、抱きしめながらキスをw

 

恋達「最近の男女は、キスをすると、すぐにおっぱい触ってホテルって流ればかりやん?なんか大人になるに連れて純粋な気持ちとか初々しさを忘れていく人が多いよな。」

キャバ嬢「うん。めっちゃ分かる。」

 

そんなキャバ嬢に言われたこと。

「今日いろんな話をしたけど、話してて違うなーとか思わなかったし、全部うんうんって頷けたよ」

 

僕が、先ほどのセリフを言ったのは、もちろんわざとです。

このキャバ嬢は「人にあまり興味がない」と言っており、かつ相当見た目が良く普段からチヤホヤされていることを加味すれば、男としてレベルの高い振る舞いをしなければならないということは読者の皆さんも気づかれると思います。

 

ですが、

それだけでは食いつきは得られません。

なぜなら、こういった淡白な女性というのは中々感情が動かない生き物なので、そんな女性の感情をどうやって動かすかというと、さっき僕が言ったように、あえてウブなことをするということなんですね。

人間なら、誰しもが初めての恋にはワクワク、ドキドキしますよね。

青春時代の恋は、初々しく何もかもが新鮮な気持ちでちょっとしたことでも感動してしまいますよねw

その時の心理状況に近い感情を再現するんです。

原点回帰させてあげることです。

再現するからこそ、普段遊び慣れていて中々感情が動かないギャルや夜の姉ちゃん、OLなどの感情を動かすことができるんです。

かなり高等テクになるので、実際のやり方に関しては、正直分かる方と分からない方がいると思います。

手慣れた子、経験値が豊富な女子にほど効果抜群です。

 

そして2回目のデートが、コンビニでお酒を買ってホテルでした。

2回目のデートでは、LINEで連絡を取っていて、キャバ嬢が仕事終わりで店で女の子と喋っているという情報から、「今から会おや」と打診。

「いいけど、どこ行けばいい?」

と返信があったので、「とりあえず天神おいでや」と。

「仕事疲れたー?」と僕が言うと、キャバ嬢が「疲れた〜」と言うので、「疲れたやろ〜 俺が癒したるやん笑」

で、合流。

時刻が1:30だったこともあり、合流してから、「昨日カフェ行ってコーヒー飲んだしコンビニで酒でも買ってゆっくりするか」と即座にホテルイン。

ホテルのソファに座っても、すぐにギラつかず、他愛もない話をしながら、キャバ嬢の仕事の疲れをゆっくりと会話と存在で癒し、頃合いを見て“すべきこと”をしました。

相性が良かったのでおかわりをして、ジャグジーに浸かって戯れた後に、背中をボディタオルで流してもらいました。

キャバ嬢の心と股を開き、十分に楽しみ、また楽しんでもらった後に、二人仲良く床に着きました。

1回のデートでキャバ嬢に言われたことで、こんなセリフがありましたよね。

「今日いろんな話をしたけど、話してて違うなーとか思わなかったし、全部うんうんって頷けたよ」

と。

これです。

僕がよく認識体現力とメルマガで言っていますが、相手が求めているものを認識する(心を読む)から、当意即妙に正しい振る舞いができるんです。

もちろん、体現の部分で自分が男として持つべきバリュー(価値)を持っていないと、女性とのデートで差し出すことができません。

認識体現力を身につける上で、恋愛理論を学ぶことも大事ですが、それ以上に経験がものを言います。

経験とは、恋愛における女性とのデートの絶対量です。

女性は、我々男性と全く異なる思考回路、世界線、理屈ではなく感情で動いてます。

なので、まずは女性とはどういう生き物かを知る必要があります。

そのために1秒でも長く女性と接してください。

ガンガンデートしてください。

「え、普段本読まへんの!?女の子ってファッション雑誌か旅行のガイドブックしか読んでへんやんw」

「なんでヨガとかジムばっかり行ってるん?意識高くね?w」

「なんで女ってこんなに感情にムラがあるん?意味不明やねんけど」

あなたが抱く違和感全てが経験値になります。

無駄な経験は1つもありません。

僕が25歳にして、唯一他の男性より持っているもの、

それは、

恋愛における経験の場数です。

だから、一瞬で趣味嗜好、価値観、好きな男性像、何をされると嬉しいか、何をされるとうざいと思うかが分かります。

手に取るように分かります。

 

ということで、今回は以上です。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

関西出身、東京在住。

大手企業を2年で退職し、恋愛コンサルタントとして独立。

「学年で1番変態な男」「オナニー男」と名付けられた中高時代、
鏡で自分の顔を見る度に涙を流していた大学時代を送る。

経験人数300人超え、常時60人以上の女性とやりとりを経て、述べ1万人以上の女性を口説き、同時に女性を口説くだけの日々に虚しさを覚える。

「出会ってくれてありがとう」と言われる、黙っていても口説かれる男になろう。
「世の中の極上美女たちと恋愛し尽くすことで、未来の奥さんを世界で1番幸せにする」と誓い、

日々多くの人間と関わる中で男としての魅力を高め続ける道へ。

現在は延べ100人以上の恋愛の指導に携わり、1300人以上が購読しているメルマガを発行、「Club 恋達」を運営、セミナーや勉強会、コンサルティング活動を行っている。

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Comment

  1. こうき より:

    初めまして!
    webページ見させていただきました!
    恋達さんの記事を読んでいると、自分が人生の中で一番やりたかったことがわかりました
    やっぱり僕もモテたいです!
    お金も権力も対して欲しいとは思いません
    男に生まれたんだから女にモテたいのは当たり前
    という恋達さんの言葉に僕は感銘を受けました
    これからメルマガ登録もして恋達さんからいろいろ勉強させていただこうと思います
    いずれ個別コンサルティングも受けさせていただきたいです!
    直接話してみたいと思いました!
    よろしくお願いします!!

  2. 恋達 より:

    僕のブログをお読み頂き、ありがとうございます!
    人生の方向性が明確になる、そのお手伝いを記事を通して出来たみたいで良かったです。
    たった1度の人生、自分が心から満足できる女性と関わりたいですよね。
    メルマガも是非読んでみてください!
    個別コンサルティングも受付ておりますので、ご興味があれば、お問い合わせからご連絡下さい。
    直接お話することももちろん可能ですよ!
    こちらこそこれからもよろしくお願い致します。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© モテる男はこんな人 , 2016 All Rights Reserved.