2017/06/23

大分県からようこそ。タトゥーの入った秘書を福岡へ誘致しました。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

関西出身、東京在住。

大手企業を2年で退職し、恋愛コンサルタントとして独立。

「学年で1番変態な男」「オナニー男」と名付けられた中高時代、
鏡で自分の顔を見る度に涙を流していた大学時代を送る。

経験人数300人超え、常時60人以上の女性とやりとりを経て、述べ1万人以上の女性を口説き、同時に女性を口説くだけの日々に虚しさを覚える。

「出会ってくれてありがとう」と言われる、黙っていても口説かれる男になろう。
「世の中の極上美女たちと恋愛し尽くすことで、未来の奥さんを世界で1番幸せにする」と誓い、

日々多くの人間と関わる中で男としての魅力を高め続ける道へ。

現在は延べ100人以上の恋愛の指導に携わり、1300人以上が購読しているメルマガを発行、「Club 恋達」を運営、セミナーや勉強会、コンサルティング活動を行っている。

 

どうも、恋達です。

タトゥーが3箇所、腰を中心に入った秘書とホテルでセックスしてきました。

出会いは、Omiaiでした。

20デニールのやらしいタイツを履き、黒のニットワンピを着た、色気のある僕とタメの子でした。

知らない方もいると思うので、改めて言うと僕は25歳です。

ペアーズ、Omiai、タップル、Withなどの出会い系アプリをしている人ならもれなく分かってくれる内容だと思うんですが、美人な人ほどプロフィールが雑だと思いませんか?w

自己紹介文がそっけないというか、サバサバしているというか、プロフィール文章ではなくて、学歴、年収、趣味・好きなこととか全てをちゃんと詳しく書かないというかw

一部だけ書いて、他は空白みたいな人いますよねw

もちろんちゃんと全ての欄を埋めている子もいるんですが、出会いに困っておらず、モテる女性ほど、雑なプロフィールだったりします。

逆にいうと、全ての欄をきちっと埋めて、自己紹介文を丁寧に書いている子は、『根が真面目』という傾向も読み取れます。雑の対極です。

そんな子は、1つずつ置くべき場所に置いていく、そんな駒の進め方が有効になります。

飛車や角のような飛び道具をバンバン使う男性は毛嫌いされます。

※飛び道具(すぐにLINEを聞いたり、遊びに行こうと誘うこと)

はい、話が少し分かりづらいと思いますが、今回は、出会い系アプリでの女性の落とし方、特に、プロフィールがサバサバしていて、雑な子の攻略法を書きたいと思います。

 

I共通点が人の距離を近づける

サバサバした女性は精神的に自立している傾向があります。

そんな女性を落とすにはどうしたら良いでしょう。

メンヘラや押しに弱い女性であれば、少しSっ気の強いオスを演じれば、その日にセックスすることも出来るかもしれません。

しかし、今回のようなサバサバしている女性というのは、往々にして男性を見てきたその数がサバサバしていない女の子らしい子と比べて、圧倒的に異なります。

経験値が尋常じゃないぐらい高いわけです。

サバサバしている女性に総じて言えるのは、「女々しい人は嫌い」

ということです。

サバサバしているということは女の子女の子していない男っぽいということで、裏を返せば、「女々しい人が嫌い」ということは、少し頭が回る人であれば、簡単に解ける問題だったと思います。

別にクイズをしてるつもりはないんですがw

 

img_1807今回の最初の共通点は、お互いに『犬好き』ということでした。

犬好きというのを紐解くと、無償の愛に近い感情や思いが奥底にあります。

というのも、動物や自然が好きで愛せる人に、根っからの悪い人はいないですよね。(おそらく、多分w)

動物好き=性格が良い

という構図が成り立ちました。

余談ですが、動物が嫌いだとか、自然に興味がない人というのは、個人の趣味嗜好の範囲ではなくて、「自分が一番可愛くて、自分さえ良ければそれでいい」と思ってる人が多いんです。

「統計とったんかよ」

って言われたら、「そんなもん取るかボケ」って返すんですが、要は、「動物好きに悪い人はいない」ということが言いたくて、他には「介護士に悪い人はいない」みたいなニュアンスです。

「そんなん人によるでしょ」

は禁句です。

誤解と語弊があると思いますが、ご了承を。

 

で、犬好きという共通点があれば、『自然と会話が続いていく』というのは、なんとなく想像できると思います。

 

I女の子に対する敬意の抱かせ方

image-1はい、話は移り変わりますが、

女の子って「仕事が出来る人が好き」

なんて口癖のように言いますよねw

知らなかった方は、覚えておいて下さいw

「じゃあ仕事ができない俺は恋愛をする資格がないのかよ」

と怒りをぶりまけられそうなので、先に弁明しておきますが、

●営業成績が良い

●同期より出世が早い

●上司、会社からお墨付きをもらうほどの実力を兼ね備えている

ということは、恋愛にはクソほどどうでもいいし、少しプラスになるぐらいで、本質的ではないわけです。

 

『仕事熱心』

がモテるわけです。

 

仕事が出来るのと仕事に熱心なのは別です。

仕事に前向きに取り組む姿勢、仕事を妥協しない、そんな背中が女の子がカッコイイと思うわけです。

女の子にカッコイイと言われ、食いつかれるには、

「仕事に熱中してたから返事が遅くなったわ。ごめんな!」

と言える男性です。

 

I仕事に精力的な人の2次的効用
img_1804はい、仕事に精力的な人が、女性から尊敬される、カッコイイと言われる他に、こんな効用があります。

『忙しい人で、恋愛は二の次で、自分の軸や芯を持っている男性』

というレッテルを貼ってくれます。

好印象でしかありません。

『気になる子からLINEが返ってきて、嬉しさのあまり、尻尾を振って30分以内に返信をする』

そんな男性は女性に舐められてしまいます。

『男として生まれた以上、仕事で成果を上げて、妻と子供に繁栄をもたらす』

女性は、そんな力のある男が好きなわけです。

だからこそ、僕たちはそんな立派な男であるという信号を発するわけです。

その発し方は、

『連絡を高頻度で返さない』

ということです。

結果、女性からアルファな人であり、自分を持ってる素敵な人と思われて、実態は変わらなくとも食いついてくれるようになります。

連絡を頻繁に返さないというのは、余裕のあるモテる男の立ち振る舞いです。

「すぐに連絡を返す男はきもい」

これも多くの女性から直接聞いた話です。自分が女性の立場になって想像力を働かせて考えれば、すぐに分かると思います。

すぐに連絡を返すということは、

仕事<恋愛

となっている男性ならではの行為の表れです。

仕事に打ち込むと自然と女性に連絡を返すのが遅くなります。

また、連絡がすぐに返ってくるというのは、『それだけ相手のことを意識している』、もっと言うと、「僕は君のことをこれぐらい好きだよ^^」と連絡を返す頻度が多ければ多いほど、それを示しています。

 

Iホテルでの行動が彼女の心を打った

実際に会う前から勝負はついていたんですね。

「僕のプロフィールを見た時点で、興味が湧いていた」

そんなことを、sex後、お酒を飲みながら話してました。

ネトナンは、プロフィール写真が最も大事で、その次に自己紹介文(プロフィール文章)が大事だと常日頃僕が口にしていますが、

プロフィール写真がおっけーで、自己紹介文が魅力的であれば、その時点で食いつきがあるわけです。

こんなに楽なナンパはありません。

社会人の方にとって、最も手間と時間とお金がかからない、安定的な女性の供給先が出会い系アプリでございますw

そんなネトナンで知り合った子とホテルで僕が取った行動とは、

一緒に仲良くお風呂に入ることはもちろん、彼女の髪の毛を洗ってあげて、お風呂から出た後に、髪の毛を乾かしてあげました。

普通女の子の髪の毛を洗ったり、濡れた髪の毛を乾かすのってめんどくさいですよねw

なんですが、

その行為の裏には、『大事にしている』という好意の証左であり、どうでもいいと思っていたら絶対にしないですよね。

この行為が彼女の心を打ちました。

これまで、付き合った男性や遊んできた男性にそんな扱い方をされたことがない彼女は、男性に対して嫌気がし、諦念の気持ちが芽生えていたんですね。

そこに対して僕が包容力を持って、「大事にされる感覚とはこんな感覚なんだ」というのを上手に伝えたわけです。

後日返ってきたLINEはこうでした。

image-1

しっかりと食いつきを上げました。

女の子を楽しませること、女の子の心の鬱憤を晴らしてあげること、女の子の日常の中で自分が必要不可欠な存在となること、

それらができれば深い関係になれます。

 

今回は以上です。

それでは!

記事の感想やご質問等があれば遠慮なくコメントして頂ければと思います。

また、コメント欄で他人には見られたくない悩み事等がある方は、メニュー欄のお問い合わせからメッセージしてください。

一通一通丁寧に全て目を通し、必ず100%返信までします。

この記事を書いている人 - WRITER -

関西出身、東京在住。

大手企業を2年で退職し、恋愛コンサルタントとして独立。

「学年で1番変態な男」「オナニー男」と名付けられた中高時代、
鏡で自分の顔を見る度に涙を流していた大学時代を送る。

経験人数300人超え、常時60人以上の女性とやりとりを経て、述べ1万人以上の女性を口説き、同時に女性を口説くだけの日々に虚しさを覚える。

「出会ってくれてありがとう」と言われる、黙っていても口説かれる男になろう。
「世の中の極上美女たちと恋愛し尽くすことで、未来の奥さんを世界で1番幸せにする」と誓い、

日々多くの人間と関わる中で男としての魅力を高め続ける道へ。

現在は延べ100人以上の恋愛の指導に携わり、1300人以上が購読しているメルマガを発行、「Club 恋達」を運営、セミナーや勉強会、コンサルティング活動を行っている。

 

Copyright© モテる男はこんな人 , 2016 All Rights Reserved.