注目キーワード
  1. ペアーズ
  2. ファッション

24歳綺麗めギャル系シングルマザーとの折衝記録

 

身長160cmギャル系美人を丁寧に抱いてきましたw 芸能人で言うと丸高愛美に似てました。美人で一見派手そうなのに、性格はウブでしたw

他にも無限に抱いてはいるんですが、速報ばかり書いているとそこらへんのナンパブログになってしまうのモテ理論を普段は記事にしているのですが、たまには速報も書きますねw

今回のテーマは、”デート中に恋達が気をつけていること“です。

いわばテクニック集です。

 

さて、この子なんですが、妊娠・出産を経てすぐに旦那が逃げてしまい、一旦メンタルがどん底に落ちたんですが、ようやく立ち直ってきて、ネット出会いアプリ『Omiai』に登録してあったところを僕が一本釣りをした運びです笑

シングルマザーであることを打ち明けると多くの男性が離れていくと本人は言ってたんですが、僕には半分そう思えて、もう半分はそう思えませんw 

女子の穴を24時間狙ってるハイエナ系男子がいるからです。

余談ですが、僕としてはシングルマザーであろうが、独身女性だろうが、財閥の娘だろうが、イケイケの姉ちゃんだろうが、芸能人だろうが相手が誰であろうがビクともしません。

その人その人の心を抱けば身体は自ずとついてくるからですw

あくまでも僕の時間を一人の女の子と共有して楽しさという効用を最大化するだけです。

精一杯相手が望むことを考えてしてあげられることをして二人で濃密な楽しい時間を過ごすことが僕にできる価値の提供です。

 

以下ハイライトですが、

2週間ほど僕が忙しくて連絡を返せておらず放置してたんですよね。

女の子から連絡をもらって2、3通ラインの往復をした後、「暇な時電話しよや!」と打診。

電話でアポを取り付けたんですが、電話でアポを取り付けのって僕の常套手段なんですよね。

別にメールでもいいんですが、電話だと相手の声の調子からその日の気分を推し量り、血の通った会話をすることで相手のテンションを高め、盛り上がることでアポがすんなりと取れてしまうんですよね。メールだと無機質なため、業務的になりがち。どちらでもいいんですが、メールより電話の方がリアルな感情の揺れ動きを読みつつアポ打診のタイミングを調整できるので成功しやすいということです。

 

女の子の仕事終わりに天神で待ち合わせ。夜22時ぐらいだったでしょうか。超絶恥ずかしがり屋で可愛らしいんですが、会話においては9:1で喋ってたので結構疲れました笑

とにかく打ち解けるまで頭回転させまくりましたw

絶頂男:「おっすー!俺のことすぐ分かったー?笑」

鼻筋美人:「分かったよー^^」

絶頂男:「おーそうか!近くにハンモックがあるカフェとハワイアンなカフェの2つがあるけどどっちがええー?」

鼻筋美人:「どっちでもいいよー!恋達くん決めてー!」

絶頂男:「ほなハンモックのが近いし空いてる知らへんけど一回行ってみよか」

鼻筋美人:「はーい」

 

カフェに到着。

 

絶頂男:「それにしても久しぶりやな笑」

鼻筋美人:「いやいや、初対面でしょw」

絶頂男:「鋭いつっこみやな。偏差値高い系?wまあとにかくこの日をどんだけ待ち望んだかw おっさん若い子に会えるだけで嬉しいんやでw」

鼻筋美人:「いやいやおっさんちゃうやん、、笑」

絶頂男:「てかよく来てくれたよな!片道1時間もかけて車で来てくれるとかおっさん嬉しくて涙もんやわ笑」

鼻筋美人:「ww いや、ほんとに!うち、平日に車で天神に来たこととか初めてよ!」

絶頂男:「あ、そうなん?普段天神こーへんの?」

鼻筋美人:「土日なら遊びに行ったりするけど。友達の運転で来たりとかはあるかな?平日に一人とか初めて笑」

絶頂男:「わお。そんな中会いに来てくれたんやな!心細かったやろうに笑  今日は任しとき!おっさんがいっぱい可愛がったるわ笑」

鼻筋美人:「あ、うん、はい」

絶頂男:「ていう冗談は置いといて、まぁあれや、来てくれてありがとな!」

鼻筋美人:「何でそんなん言うとー?」

絶頂男:「だって車で1時間かけて初対面の人に会いに行くってよほど会いたい理由とかピンと来るもんがなかったら会いにいかんやんー?」

鼻筋美人:「まぁせやなー」

絶頂男:「ってことで乾杯ー!うい」

(乾杯後)

絶頂男:「てかさ、好きな人とやったら特別なんかせんくてもどこにいても何してても楽しいしそれこそが一番幸せやんな!」

鼻筋美人:「わかる!」

絶頂男:「でもそういう人ってほとんどおらへんよな。希少価値が高いっていうか」

鼻筋美人:「せやねー!」

絶頂男:「当たり前の幸せっていうか小さい幸せ感じ取れる人間になることが一番の幸せになる近道かもな」

鼻筋美人:「ほんとそう思う!」

しばらく仕事の話や彼氏と別れた経緯、一人の生命が誕生した経緯、恋愛事情、価値観などを話した後、(ここで1時間半ほど経過)

絶頂男:「あ、鼻筋ちゃんまだ時間ある?明日仕事8時からやっけ?でもはよ帰って寝なやばいな!」

鼻筋美人:「大丈夫やで!」

絶頂男:「あ、ほんまか。てか甘いもの好き?」

鼻筋美人:「好きー!」

絶頂男:「ほな生チョコ出してくれるとこあるから行こか!」

トイレに行くついでに会計を済ませ、生チョコを出してくれる落ち着いた店へ。女の子と席に着いてからふらっと離れ、マスターに生チョコを出してもらうようにお願いをし、僕と女の子はドリンクだけを席で注文した状況。しばらくゆっくりとした時間の流れを経て後、

絶頂男:「あれやで。こー見えても俺、昔は死ぬほど人見知りやったしめっちゃ緊張して水ばっか飲んでたし小心者で自分の顔に自信もなくて泣いてたんやでw」

鼻筋美人:「え!そうなん?そんな風に見えないけど!」

絶頂男:「まぁ今は他人からそんな要素垣間見ることは出来ないくらいに変わり果ててんけどな。人って変わっていけるねん。緊張する気持ちほんまにわかるで!」

鼻筋美人:「うちもずっと緊張するんよね。変わりたいなー」

絶頂男:「変わっていけるで。絶対。俺はもっと変わっていく。俺な、人生まだまだやりたいことあるねん。世界一周も行きたいし、松本人志みたいに家族や愛する奥さん守るために守るべき時に守れるようキックボクシングも習いたいし、ばりばり筋トレしてばりばり日焼けしてばりばり本読んで言わば無敵になりたいねんw 経済的にも一人の人を守れるようにもならなあかんしまだまだすることがある。めっちゃ自分の話してるよなw」

鼻筋美人:「・・・(うなだれる)」

絶頂男:「まだ24やから30までには全てできるようになるように計画立ててるねんな。男としてまだまだ登らないといけない山がある」

鼻筋美人:「うんうん!世界一周行くんやね…(寂しそうなトーンで)」

絶頂男:「まぁあれや、今日こんな風になったのは引き寄せの法則が働いてるし、何か縁があったんやろなー。Omiaiでは他にええ人おった?」

鼻筋美人:「おらんよ〜!」

絶頂男:「そうやんや!いろんな男見るんやで!なんかあったらいつでも言うてきいやー!プロやから笑」

鼻筋美人:「プロって笑 でも分かったー!」

絶頂男:「てかちょろっとドライブ行かへん?鼻筋美人ちゃんの車で」

鼻筋美人:「いいよー!」

絶頂男:「よし、ほな出よか!」

ここでもトイレに行くついでに会計を済ませ、マスターに「ご馳走様でした」と一言告げ、店から出る時に扉を開けてドアノブを持ったままエスコート。鼻筋美人ちゃんが車を停めてる駐車場に着くやくすくす一人で笑う鼻筋美人ちゃん笑 何やら自分の車でドライブすると思ってなかったがために車内が片付けられていないことに恥ずかしくて笑ってしまったらしい笑 乗って大丈夫と言われ、助手席へ。

絶頂男:「俺なんも気にせんし大丈夫やで!」

鼻筋美人:「てか、うちが運転する?笑」

絶頂男:「俺したろかー?」

鼻筋美人:「そうしよw」

夜景の見える山へ。道中で手を繋ぎ、手汗をかいて緊張のあまり、紛らわそうと何度もドリンクホルダーの珈琲を手に取る。そして、山頂へ。

絶頂男:「曇ってるから微妙かもなー。でもめっちゃ久しぶりやから綺麗やなー!ん?なんかヤンキー多いのう笑 あーいうの好き?笑」

鼻筋美人:「大嫌い笑」

絶頂男:「よな笑 俺の有志を見ろと言わんばかりにアピってるから応えてあげたら?笑」

鼻筋美人:「無理笑」

体を接近させ、腰に手を回したり、手を繋いだりしたかと思いきや急に離れてタバコを吸い、ヒットアンドアウェイ戦法へ。ひっついては離れの繰り返し。今度は後ろからぎゅーっと抱きつき、一気に心の距離を縮めにかかる。

鼻筋美人:「もー笑 そんなんされたら余計緊張する笑」

絶頂男:「俺の方が緊張するで笑」

鼻筋美人:「意味わからんー笑」

絶頂男:「てか、俺10分だけパソコンで作業(ただのブログw)終わらせてもいいー?」

鼻筋美人:「いいよー!」

車に乗り絶頂男の家へ。間接照明のみの明かりとし、鼻筋美人を特等席に通し、絶頂男は机の反対側でひたすらパソコンを。作業中に視線を感じるので鼻筋美人の方を見るとずっと絶頂男を見ている。絶頂男はちらっと鼻筋美人に目を配りまたパソコンをするという下りが5回ほどw

絶頂男:「よっしゃ!今日のすること終了や!(ただのブログ編集w)長い間待たせてごめんな!ありがとな!」

鼻筋美人:「全然大丈夫よ♡」

絶頂男:「向こうの部屋(寝室)行こか!」

鼻筋美人ちゃんの手を取り寝室へ。ベッドに上がることに抵抗感を感じ取り、「ささ、お姫様どうぞこちらへ」とダブルベッドの奥へ案内するも、「服着てて上がるのいいの?」と。「ほんまに汚いやつは上げないから」と不安を取り除き、いざベッドの上へ。座ったままの状態で少しトークを続け、タイミングを見計らい唇を奪いに。ディープなキスはせず、「こっちおいで」と横並びで寝た状態へ。やらしいキスを仕掛けることで発情スイッチを巧みに押し、服の上からブラジャーのホックを外し、乳首の頭頂部を刺激。緩急をつけ縦横無尽に転がす。ディープキスをし続けながらゆっくりと一連の動作を行うのがポイントですw 濡れたぱっくんちょに指を入れ、優しく上部をタッチし、指の腹で刺激。出来上がったところでオシリスの天空龍を召喚。

鼻筋美人「あ、気持ちいい//」

しばらくピストンをするもオナニーをし過ぎていたせいで昇天するのが遅く汗だくスポーツ大会状態にw

絶頂男:「イクの遅くてごめんな!足(開いた状態で)痛かったやろ?」

鼻筋美人:「大丈夫よー!」

セックスをした後も、する前と変わらず大切に接し、時計の針を見る。時間は5時50分。

絶頂男:「そろそろ時間やばいやんな?」

鼻筋美人:「そろそろ帰らななー…」

絶頂男:「よし、見送ったるわ!」

雨の中駐車場まで見送り、別れ際に一言。

絶頂男:「眠たいし雨やし事故だけは気をつけるんやで!帰ったら着いたよ!の一言でええけんラインちょうだい!」

鼻筋美人:「分かったー!ありがとね!」

絶頂男:「いや、ほんまこちらこそありがとな!ほな気いつけてー!」

鼻筋美人:「はーい!」

 

長いハイライトお読みいただきありがとうございますw

 

モテる本質(根幹)は、感情を揺さぶるトークであったり笑いを少し織り交ぜるトークであったり、女の子の印象を変化させていくトークであったりするのですが、今回はそういう本質系の内容ではありませんでした。

本質の周りにある枝の部分、小手先のテクニック集を明記致しました。たまにはテクニック系も書いとこかな、と。

本質ではありませんが、あまり一般の人が意識できていないことも多々あると思うので参考にしてください。

今回使用したテクニックのポイントだけ記述しておきますね。

 

 

共通点(考え方・価値観の)を探すことで自分と同じ”属性”の人間だと認識させる

◆好きな人となら何しても楽しいよなというくだり                      

◆当たり前の幸せを感じ取ることが大切やんなというくだり

◆俺も人見知りやったというエピソードのくだり

◆ヤンキー嫌いやんな(俺はそういう属性ではないと間接的に伝えることができる)というくだり

 

気遣い

◆「1時間もかけて疲れてるのに来てくれてありがとう」

◆「ご馳走様です」

◆「イクの遅くてごめんな!足痛かったやろ?」

◆「眠たいし事故だけは気をつけるんやで!帰ったら着いたよ!の一言でええからラインちょうだい!」

 

店選びを女の子に委ねずに自分で選択肢を作ってあげたり誘導してあげる

◆「ハンモックがあるカフェとハワイアンなカフェあるねんけど、どっちがええー?」

◆「ほな生チョコ出してくれるとこあるから行こや!」

◆「少しドライブ行かへん?」

 

 

なんときも余裕を保て。余裕のない男は古今東西モテない

◆「明日って仕事8時からやっけ?でもはよ帰って寝なやばいな!」

◆「いろんな男見るんやで!なんかあったらいつでも言うてくるんやで!プロやから笑」

 

 

野望があり未来に前向きな考え方だと思わせる

◆未来の目標、野望を掲げ、公言

◆松本人志のくだり

 

以上ですw

おもろい会話や深い会話のテクニックを自分のものにしたいという方は

下記の無料メール講座を登録ください。

えげつないくらい伝授しますw

 

記事の感想やご質問、「次はこんな記事書いてや」等のご意見があればコメントして頂ければと思います。

また、コメント欄で他人には見られたくない悩み事等がある方は、メニュー欄のお問い合わせからメッセージしてください。

一通一通丁寧に全て目を通し、必ず返信させて頂きます。

 

それでは!