注目キーワード
  1. ペアーズ
  2. ファッション

『余裕』についての考察〜あるいはモテる男の必要条件について〜

こんばんはー

恋達です。

モテる男に共通するもの、

それは余裕です。

今日は余裕についてのお話です。

やっとこさマインド系記事ですね笑

多くの方はテクニック面ばかりを重視しがちなんですが、マインド面であったり心のあり方が正しくないと結果って出ないんですよね。

 

モテる男の心のあり方を持ち合わせず、付け焼き刃のテクニックだけ身につけたって真のモテる男にはならないということです。

再現性がないとも言い換えることができます。その場は上手くいったが、次同じ場面になった時にどうして良いかわからない、あるいは下手を打って悪い結果を自ら招いてしまうのって心のあり方が正しく定まっていないからですよね。

考え方や心のあり方はあなたが恋愛活動をする上での羅針盤になるわけです。

 

ではでは、モテる男が絶対に持っている要素である余裕について私なりの持っておくべき必要性を語らせてもらいます。

仮に、あなたが今、モテていないとしても、余裕があるように装わないといけないということです。

では、なぜ余裕がないとモテることが出来ないのか。

それは、

“セックスに困っている人だとレッテルを貼られるから”です。

セックスに困っている人だと一度レッテルを貼られてしまうと、

セックスをさせてくださいvsセックスをさせてあげるという力関係が決まってしまいます。

対等ではなくなるんです。

その時点で男性の方が頭を下げて「セックスをさせてください」と媚びを売ることになるんです。

一方、女性は「セックスをさせてあげるかはあなたが持っている価値の度合いによるわ」となるわけです。

更には、セックスに困っている人だというのは普段周りに女性がいなくてモテない人なんだと思われます。

これ、めちゃめちゃ危険です。

 

 

女性の最大の切り札ってセックスなんですね。

対して男性の切り札はというと、楽しませくれるトーク、ルックス、金のどれかです。

見えない物物交換を行っているわけです。

あなたに価値がなければ女性が持っている最大の価値であるセックスを引き出すことってできるわけがないですよね。

女性からすると時間を共有するメリットがないわけです。

あなたと一緒に居たいのはあなたがイケメンなのか、あなたがいつもトークで楽しませてくれるのか、圧倒的な経済力があるのか、のどれかなんです。

 

で、ここまで踏まえた上で僕たちが目指すのってトーク力を身につけることでしたよね。

なぜ、トーク力を伸ばすのかについては、

モテる男が必ず持っているトーク力-トーク力がある人だけが知っている言葉の本質-

を参照ください。

無料メール講座でも詳しく解説しています。

 

話は逸れましたが、余裕がある人とない人って一目で分かります。私は常日頃男女問わず死ぬほど細かく観察してるので見たらほとんど分かります。いわゆる嗅覚ってやつです。

この嗅覚なんですが、女性ならわりと、普通に持ってます。DNAにその機能が刻みこまれているからです。

詳しい説明は、遺伝子系の話も絡んでくるんでまたの機会にw

 

 

そして、

嗅覚の裏には本能があります

人間は理性がありますが当然のことながら動物なので本能があるわけです。

その本能に照らし合わせるとモテない男=余裕がない男というのは“オス”としての遺伝子が“優秀ではないと判断をされるのです。

恐ろしいですよねw これ女性の本能が下している無意識下の判断なわけですがこれを侮ると痛い目見ます。

言い換えると、「君はセックスに困っていて女性を獲得するのが困難な遺伝子なんだよね」と本能が言ってるわけです。

だから、

せめてセックスに困ってはいないという“余裕”は必ず持っておいてください。

そしてこの余裕がないことはあなたの価値を著しく下げることでもあります。

「セックスさせてくれよ頼むからさ〜」とヨダレを垂らしている先っちょから汁垂れ流し系男子って想像するときもくないですか?笑

実際には女性の前で余裕がなくなっている男子って女性からはそう映っているのでよく覚えておいてください笑

 

はい、余裕がないことはいかにあなたの価値を下げるか、セックスに飢えている情けない男であるかについて話しましたが、

まとめると

“余裕のなさ”“セックスの飢え”をもたらし、“オスとしての魅力のなさを露呈させる”

わけですなw

 

次回からのアポにすぐ活かしてくださいw

アポがこれからの方はアポの直前に是非この記事をもう一度読んでから臨んでくださいw

アポがまだまだ先の方は是非とも今のうちに肝に銘じておいてくださいw

 

 

今回は以上です。

 

記事の感想やご質問、「次はこんな記事書いてや」等のご意見があればコメントして頂ければと思います。

また、コメント欄で他人には見られたくない悩み事等がある方は、メニュー欄のお問い合わせからメッセージしてください。

一通一通丁寧に全て目を通し、必ず返信させて頂きます。

 

それでは!