注目キーワード
  1. ペアーズ
  2. ファッション

お久しぶりです! 恋達です。

 

最近はメンタルのことばかり記事で書いていたので

今回は、昨日の出来事について書かせて頂きますね。

 

 

19時くらいですかね、僕はぶらぶら散歩をしていましたw

すると、キャナルシティ付近の川沿いに、腰をかけている女の子が居たのですかさず声をかけてきました。この川沿いは、若いカップルや、女性が1人で座っていることがよくあります(関西でいうと京都の鴨川みたいな感じのとこです)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-04-15-29-51

 

 

声をかけてみて分かったのが、23歳看護師北海道在住。

北海道???

と思いましたが、以下ハイライト。

 

恋達「こんばんはー! お姉さん黄昏てるんですかー?笑」

女の子「(驚いた顔をして)あ、はい!景色が綺麗だなーと思って!」

恋達「あーそうなんですね!黄昏マスターとしてお気持ち深く察しますw」

女の子「あ、そうなんですねw 何してるんですか?」

恋達「僕ですか? 散歩です」

女の子「散歩?本当に散歩ですか?」

恋達「ええ。散歩めっちゃ好きなんですよ笑 僕みたいな人が散歩したら見た目とのギャップあり過ぎて嘘やと思いますよね笑」

女の子「あ、はい笑」

恋達「そうやんな笑 俺が女の子やったらこんなお兄さんがいきなり話しかけてきて散歩ですとか言われても、絶対うそやんけハゲって思いますもん笑」

女の子「ww」

恋達「てかお姉さんタバコ吸うでしょ?」

女の子「あ、はい! 吸います!」

恋達「あ、やっぱり? ほな一緒に吸おうや! 何のタバコ吸ってんの?」

(ここで、彼女がタバコを取り出す)

恋達「お、もしかしてそれ僕とタバコ一緒じゃないですか?」

女の子「あ、一緒ですね!しかも5ミリ!」

恋達「おー!ほんまや!タバコ完全に一緒やん笑 お姉さんまぁまぁ変態やな笑」

女の子「ww」

恋達「このタバコ吸いやすいよなー!」

女の子「分かります!吸いやすいですよね!」

恋達「いつから吸ってるんですか?小6?」

女の子「違いますw 最近です!」

恋達「ほな1年前くらいか!1日に何本ぐらい吸うんー?」

女の子「全然吸わないですよ!1日3本とかです!」

恋達「ほんまに全然吸わへんねんなw」

女の子「はい!笑」

恋達「てかお姉さん博多弁ちゃうよな。どこの人?」

女の子「はい、北海道です」

恋達「マジか!なんで福岡におるん?家出?w」

女の子「違います笑 友達と遊ぶために来てて、さっき解散したんです」

恋達「さようでございますか。いつ帰るん?」

女の子「明日のお昼の飛行機ですよー」

恋達「へえ〜。てかお姉さん絶対ビール好きやろ笑 顔にビール好きのスケベですって書いてんで!」

女の子「スケベってw ビールは好きですね笑」

恋達「ビールはってなんやねんw 絶対そっちも好きやんw」

女の子「まぁまぁw」

恋達「ビール結構飲みます?」

女の子「結構飲みますよ!」

恋達「ほな一緒に飲みましょー! どうせいつもオシャレな居酒屋とかバーの雰囲気の良いとこで飲んでるやろ? 今日はあえてコンビニでビール買って散歩しながら飲もうや!」

女の子「そうですね! そうしましょうw」

(コンビニで適当にアサヒスーパードライを買って人目につかないところを探し、しれっとその場所まで誘導)

女の子「てかお兄さん何の仕事してるんですか?」

恋達「俺?パン屋やで!」

女の子「え?パン屋さんなんですか?」

恋達「パン屋に見えへん?何屋に見える?魚屋か肉屋やったら想像の範囲内か?笑」

女の子「いやw それもイメージと違いますw」

恋達「せやろうな笑 まあ無職ってことでええでw」

女の子「無職とか嘘でしょ笑」

恋達「てか、胸結構デカそうやなw」

女の子「変態ですね笑」

恋達「何カップ?Z?」

女の子「Cです笑」

恋達「C?あー、Cもあるんや笑 俺なんかDカップやわ笑 触ってみ笑」

女の子「あ、Dありますね!笑」

恋達「せやろ? 揉み心地まぁまぁええやろ? 最近ブラジャーがきつくてな。夏場とか蒸れやすいし大変やわ。」

女の子「www」

(女の子がたまたまよろけるよろけたところですかさず女の子の身体を自分の方へ寄せ、キス。がしかし、)

女の子「私清楚系なんで笑」

恋達「何が清楚系やねん笑 清楚なんは着てる服だけやろ笑」

女の子「いやいや中身も清楚なんです笑」

女の子「ていうか今日はそういうことしませんよ。1年前ならしてましたけど笑」

恋達「貞操観念が強まったんかいな笑 まぁ無理やりしてもしゃあないしここらへんでストップしとこか」

女の子「そろそろ帰ります!」

恋達「え、まだ20:30やで!いつも何時に寝てるん?」

女の子「21時には寝てます!」

恋達「早! まぁいつもは寝るの早いかもしれへんけど今日ぐらいええやん笑 なんかの縁で旅先で出会ったわけやし365日のうち1日が寝るの多少遅くなったぐらいで人生変わらへんやろ?笑」

女の子「たしかにそうですけど。」

恋達「あ、まぁでもええわ。無理に押し付けてもあかんし、俺もタクシーで帰るわ! いこか!」

女の子「あ、はい!」

恋達「え、ちょっと待って!なんかケツにガムがついてんねんけどw

女の子「え?どこですか?」

恋達「ここ!うわっ最悪や!足にガムがつくならええけどなんでベンチにガム落としてんねん。このズボンお気に入りやったのに!」

女の子「ほんとそうですよね!結構ついてますね笑」

恋達「ちょ、ガム取るの手伝ってくれ!ガム1個分じゃなくてこれ量的に5個分ついてるから中々取れへんでこれ」

女の子「あ、てか私もついてます!え、最悪ー!」

恋達「なんや、そっちもついとんのか! よりによってこんな最後に最悪やな俺らw」

女の子「まさかですよね!ガムをベンチに吐くとかありえない!」

恋達「ほんまな。気悪すぎ。後味悪いし飲み直さへん?」

女の子「いいですよ!でもどこでですか?」

恋達「とりあえず、ズボン気持ち悪すぎやから家でズボン履き替えさせてくれ。タクシーでいこ」

女の子「あ、はい!」

(タクシーで家に移動。車中ではほぼ無口。ガムがつく下りまでとは打って変わり、だらけきった、けだるい男を演出。)

 

(マンションの入り口にて)

女の子「え!ドアでか!」

恋達「まぁな笑 ケツがでかい人でも通れるようにドアでかいねん」

女の子「うるさいw」

(エレベーターで上階へと上がり玄関を開けて部屋へと入る)

女の子「めっちゃオシャレですね!」

恋達「そんなことあらへん。引っ越してきたばかりやからまだ普通や。寝室はだいぶオシャレなったけどな」

女の子「寝室どこですか?」

恋達「玄関の近くの扉や」

(タバコを咥えたまましれっと灰皿を手にし、一緒に寝室へ行く)

女の子「ベッドめっちゃ大きいですね!へえー!凄い!」

恋達「だいぶええ感じやろ。落ち着くで」

女の子「寝心地めっちゃ良さそうですね!ベッドもオシャレ!」

(灰皿をナイトテーブルに置き、吸いかけのタバコを女の子に渡す)

恋達「まぁな。てか残り吸ってや。ほんでそこの灰皿で火消しや」

女の子「はい!」

(火を消したタイミングで振り向きざまに女の子を壁を背にし、唇を奪う)

恋達「こういうの悪くないやろ」

女の子「   」

 

 

 

 

では、今回のポイントをおさらいしておきますw

打ち解けるまでは敬語で丁寧に会話

いきなり外で話しかけられると、話しかける方は1ミリも怖くないですが、話しかけられた方は怖いですよねw

ハイライトには載せませんでしたが、実は女の子が中洲という夜の街も近いとあって一人で飲みに出歩くのが怖く、ホテルから近い中洲の川沿いで黄昏ていたんですよね。

相手の心理状況を無視して、ガツガツいっても完全に空気読めない人と判断されてしまうので、相手の心が開くまでは無難に敬語で話す方が足切りを食らわずにお得です。

 

会話の中での笑いのバランス

相手をくすっと笑わせて心を開かせることって初対面の男女関係において絶対に必須なんですが、あまり笑わせすぎると、うざがられたり、失笑されたり、飽きられたり、空気読めない人とレッテル貼られたりするので、適度に笑わせることが肝となってきます。

このさじ加減は相手の反応を見ながら調整するように心がけてください。

絶えず意識することは、『相手の心理状況がいかにあるか』です。

ここを読み間違えると、釣れる魚も釣れなくなってしまいます。

 

グダが発生したからといって焦らない

グダというのは、ナンパ師界隈の用語で、セックスなど体の関係を意識したときに示す抵抗のことを「グダ」と言います。

今回の場合、「清楚系が〜」のとこですね。

ナンパ師さんや、恋愛工学生の方は日常茶飯事のことだと思いますし、一般の方も、女の子にキスしようとするときや手をつなごうとするとき、ホテルに誘うときに、断られることって経験おありですよね。

要は、拒否反応を示されるということですね。ここがめちゃくちゃ重要で、ここでうろたえる男は女の子に舐められます。失望されます。絶対に動揺したり、気を遣ったり、謝ったり焦ったりしてはいけません。

何もなかったかのように堂々と流す、もしくは今回の私のように笑いにもって行くなど、工夫が必要です。

 

想定外のマイナスイベントを、あえて利用するという視点を持つ

今回の場合は、たまたまガムがズボンについていました。

一見マイナスなイベントで腹も立つと思いますが、結局それが家に女の子を連れている決め手になりましたよね。

絶えず頭を回転させ、どんなことでも利用する、うまくまとめるという発想を持つと、アドリブ力や応用力、当意即妙な切り返しが身につき、恋愛でも営業でもなんにでも応用できるようになります。

 

女の子を落とすのに、お金はいらない

何度もブログやメルマガでお伝えしていますが、恋愛に過度なお金はいりません。

女の子と飲むときも、高級なレストランやバーに行かなくて大丈夫です。

むしろ、そこでお金を使うことは「僕はお金を使わないとあなたと話す価値がありません」

と伝えていることになりますし、お金や高級な場所に行く権利を自分の価値にしてしまうと、

他のお金を持っている男と代替可能になってしまいます。

ですので、男らしさや認識体現力やトーク力を磨いて、缶ビールデートに挑戦してみてくださいw

そして、大切な彼女さんや奥様がいる場合やできた時に、その人を高級な店に連れて行ってあげてください。

 

 

p.s

近々、ICレコーダーを買う予定なので、生の切り返しやどんな言葉をどんなニュアンスで、どんなタイミングで発しているのかを無料メルマガでお届けします。

まだ無料メルマガに登録されていない方は登録しておいてください。

それでは!