【銀河鉄道カードで10年の時短をする方法】

20年プロのレーサーとして活躍し、ポルシェのオフィシャルドライバーでもあった車のプロフェッショナルについてもらって、マクラーレンのことをあれこれ聞いてました。

福岡マクラーレン恋達

福岡マクラーレン2

福岡マクラーレン3

マクラーレンを愛して止まない方で、ありとあらゆる車に乗ってきた経験があり、外見もLEONに出てきそうなイケオジで格好良く、お人柄も「THE・福岡」という感じで温かく優しい方でした☺️

「福岡に来たときは大分のサーキットを一緒に走ろう!連れて行ってあげるよ!」

と言ってもらえ、九州にスーパーカー仲間ができそうです。

スーパーカーを所有しているオーナーって、自分で事業を持っていることはもちろん、人生の熱量が高く、頭もキレキレで、バリバリ可愛い子を抱きまくるし、バリバリ稼ぎまくるし、バリバリ美味いもん食べて、日本・世界のあちこちに旅行しまくってるみたいなイメージですが、多分そうだと思ってます。(知らんけどw)

普通に生きてたら絶対に出会えないような出会いが広がっていきそうでワクワクします。

しかも、20代となると一回り、二回り上の人生の先輩方に死ぬほど可愛がってもらえるので、桃鉄の銀河鉄道カードを手にしたかごとく、普通は中々アクセスできない世界や情報にアクセスできます。

40代で知り得る情報を20代で手にできます。

その人が死ぬ気で頑張ってきて、ようやく手に入れた知見やノウハウ、情報のデータベースを使わせてもらえるというのは、とんでもない”人生の時短”です。

僕が今29歳なので、簡単な計算でも10年の時短です。

ネット上の情報は卸売り場で鮮度が落ちた魚ぐらい鮮度が低く、流しそうめんで言うと一番下の方、川の流れで言うと川下です。

ファッションなんかが良い例ですよね。

モテる人たちは当たり前のように、

「このファッションどこの?」

「そのスニーカーめっちゃええやん!いくらやった?」

「安くてデザイン良いブランド見つけたから教えるわ!」

と川上で日々シェアしまくってます。

嘘0、偽り0で話しますが、

このご時世において『モテるファッション』と検索しても、未だに本物の情報って落ちてないですからね、、。

モテるファッションと検索して出てくるのは、予算のある法人に雇われている大して恋愛経験のないモテないライターが想像で書いたモテないファッションです。

モテないファッション

モテないファッション2

モテないファッション3

「生のモテる男と全然ちゃいますやんw」

って僕やコンサル生なら思わずツッコミ入れたくなると思います。

それぐらいリアルとネットの情報格差は、えげつないぐらい、想像の10倍以上開いてます。

 

でも、一体なぜ情報格差が生まれているのか?

 

という疑問に対しては、

「だってほんまにリアルでモテる人が情報発信してないもんw リアルでモテてる人はリア充特有の仕事(スカウト、bar、アパレル、モデル)をしてて、絶対パソコンカタカタしてないやんw」

ってことです。

僕はその間を上手く取ろうと思ってますw

リアルで得る一時情報が最も希少性が高く、一般には出回らない情報を入手できます。

質やエネルギーというのは、高いところから低いところに流れるという原則も覚えておきたいところです。

僕も昔はそういった残りカスのような情報しか入手できませんでしたが、最近は考え方が変わって、

“優れた人や情報にアクセスするために、惜しみなくコストを払う”

という価値観に変わりました。

もちろんケースバイケースだと思いますが、目先の数万、数十万をケチって、その後の数千万、数億の価値を手放す発想って、死ぬほど人生の効率悪いですからねw

「安物買いの銭失い」

という言葉がありますが、まさにその通りですね。
(質の悪さは自分の質に直結し、抱く女性の質にも繋がるので、めちゃめちゃ気をつけてますw)

 

で、レーサーの方ですが、金融のプロからの紹介で会いました。

やはり一流の方からの紹介は一流の方で、

「こうやって本物の人脈が作られていくんやな〜」

と思ったのと同時に、

“一流になるには一流を知りなさい”

“一流は一流とつるむ”

的な、ようやくネット上で見かける記事の内容が腑に落ちました。

僕は会社で保険に入っていて、その保険の担当の方が超絶優秀なので、やはりその周りの方も超絶優秀です。
(一緒にいると、一流の人は一流同士で仕事をしているのがよく分かります)

で、そういった優秀な人とつるむには、会社で保険に入るというめちゃめちゃシンプルかつ簡単な条件ですが、原則として、“まずは自分から相手にメリットを与えること”ですよね!

って言うと、

「俺に提供できるものとかないよ。。」

って思ってしまう人もいると思いますが、

よ〜く捻って考えてみたり、間に一人かましてまずはその人に価値提供をして、そこから本命の人に価値提供をしていくことを考えたり、あるいは死ぬほど熱意を伝えて飛び込んでみるなり、その人の苦手なことをサポートしたり雑用を徹底的にしたり、方法論は無限にあります。

その人が事業をされているなら、実際にお金を払ってサービスを受けると良いです。

なので、

「俺には何もできないよ〜」

というのは厳しいですが、思考放棄で甘えだということです。
この辺りは最低限頑張ってください、優れた人物とつるんだり、いい女からモテるにはその辺りを乗り越えるのは最低限中の最低限なのでw

 

まとめます。

===================
○コストをかけてでもクオリティの高い人や情報にアクセスする
(優れたアウトプットのためのコストは惜しまない)

○情報の質の高い情報が、質の高い人間を作り、質の高い女性を引き寄せる
(人間が食べ物で作られるのと同じですよね)

自分が一から十まで経験するのは人生の時間が足りないので、一回り二回り上の先輩の力を借りる
(桃鉄の銀河鉄道カード発動、10年の時を時短)
===================

優秀な人とつるんで、「良い景色・極上の体験・優れた人物」とのネットワークを構築し、そこで得た情報やエッセンスを皆さん惜しみなく還元したいなと思ってます。

僕の発信が、

「良いな!」

とか

「めちゃめちゃタメになる!」

とか

「俺もそういう世界の住人として生きていきたい!」

って思う人は、

是非、僕と一緒に人生に対して最高に熱狂的でアグレッシブな仲間になりませんか?w

 

 

非日常で刺激的。

最高にクリエイティブで最高品質の人生が送れます。

年々周りが優秀になっていて最高の環境がアップデートされていってます。

可愛い子にモテるとか当たり前中の当たり前です。

意図しなくても勝手に平均的な男子と差別化されて、勝手に目立ちます。勝手に寄ってきます。

世間体とか常識とかクソ食らえです。

世間のスタンダードが雲の下だとしたら、こちらの常識は雲の上です。

戦略とやってることが違いますからね。

仲間には力をつけてもらうための極上のサポートをします。

 

ではでは!