池袋ペアーズ女子

恋愛ディスカバリーシリーズ〜若者のオアシス池袋編〜

このシリーズはモテと恋愛の観点から、

エリアに生息する男女のリアルな生態系を紐解くドキュメンタリーである。

大自然にも多種多様の生態系があるように、この東京にも多種多様な男女の生態系が存在する。

・フラミンゴの如く、美脚を見せ優雅に歩く綺麗系お姉さん、あのお姉さんは誰に抱かれるのだろうか?フラミンゴ大開脚スペシャルアワビの絶景を眺められる条件とは?

・リスやウサギのように可愛らしく男の前で振る舞う清楚系女子、裏ではニンジンではなく、男のイチモツを美味しそうにかじり付いているのでは?

・孔雀の羽根のようなマツエクを盛大に広げ、強い雄にアピールするコテコテギャル、そんな強気なギャルを雌にして、ヒーヒー言わせてしまう男の実態とは?

 

彼女たちは一体どんな男にどんな風に求愛されたいのか?

 

暗い海の底に広がる深海、人類未開拓のジャングルの生態系が完全に解明されていないのと同様に、美女やモテる男の本当の生態系は明らかにされていない。

出回るのは胡散臭く信憑性に欠ける情報ばかり、、、

ジャングルと深海

実際に街に繰り出すことにより、決してネットには出回らないリアルな女の子の恋愛観やモテる男の実態をお届けしていこうと思います。

途中、女の子のツーショットが多数登場しますが、左手でスマホを持ち、右手でイチモツを握りながら最後までお読みください。

ティッシュは不要です。

 

〜探検家紹介〜

THE MATCH担当R

普段はマッチングアプリとファッションのコンサルを担当している恋達事業のメンバー。

恋達の指令を受け、男女の生態系を探るべく各エリアの調査を担当している。

股間のヘラクレスオオカブトはいつでも元気なようだ。

 

紹介記事『Rという男』

Rという男

 

恋達
恋達
世の中には何の根拠もない薄っぺらい恋愛に関するデマが流れてるよなw
そうですね、自称モテ男がパソコンの前で適当にファッションや恋愛を語ってるのがほとんでですねw
R
R
恋達
恋達
事実に基づいたモテに関する情報が必要やのに、ネット上でモテるための情報を検索しても生の情報は落ちてへんからモテない人は大変やと思うw
リアルなモテの実態を調査するために丸1カ月間池袋に張り込んで合計60人以上にインタビューをしてきましたw
R
R
恋達
恋達
やるなw この調査シリーズではエリア毎のモテや恋愛の真実を発信していきたいなw
このシリーズを読者の方に約立つような人気企画にします!
R
R
恋達
恋達

まずは若者の街やな!それじゃあ解説頼むわw

それでは解説に入らせて頂きます!
R
R

今回は「カジュアル系女子」「古着系女子」「ギャル」の3タイプの特徴や好きな男像などを紹介していきます。

まずは、池袋の街全体の特徴や生態系から。

恋愛の観点で見る池袋の特徴

池袋に遊びに来ている男女の年齢層は若く、新宿と渋谷に近しい感じと言える。

パルコ、ルミネ、マルイなどのショッピングモールや、ZARA、カラオケ、漫画喫茶、ファミレス、ファストフード、ラブホなどの店が多い点から、

若い男女向けの街という傾向が強く出ている。

単価の安いカフェが多いので、パソコン作業する者、学生やサラリーマンにも使いやすい街である。

女の子の系統的には清楚系、可愛い系、ギャル、夜職、メンヘラ系、女子大生など幅広い。

しかし、お姉さん系や上品な雰囲気を持つ女性はかなり少ない。

池袋に来てる女性は埼玉や、練馬区、北区など埼玉寄りの街から来てる女の子の割合が多かった。

新宿や渋谷に比べてアクセスが良いことが理由だと言える。

池袋に来る目的は、通勤通学ついでの買い物や飲み会や食事、友達との買い物やデートが多い。

池袋に来れば、美容、買い物、飲み会、デート、仕事、アクティビティなど全てのニーズが満たせるので、ある意味で万能スポットと言える。

内面的には自己肯定感が低めor今が楽しければそれでいいといった傾向が強い。

男女共に服は「カジュアルor古着系orイケイケ系」に当てはまることがほとんど。

性格は冷たかったりノリが良かったりでバラつきがある。

池袋女子インタビュー

(インタビューに応じてくれた女の子たちと記念撮影をパシャり)

新宿同様、スカウト、キャッチ、ナンパ師も多く、街で観察を続けていると、

自己肯定感低めの女の子やお金無さげな雰囲気を醸し出してる女の子に声をかけているのが分かる。

新宿のスカウトマンに比べると、ファッションといかつさは抑えめである。

これは、新宿はゴリゴリの派手なギャルや現役夜職が多いので、それ相応のハイブランドを見に纏っていかつさと男らしさで圧倒する必要があるが、池袋には派手なギャルの割合が少ないので、新宿ほどのいかつさと派手さは必要ないのであろう。

●相手が大人な女性や落ち着いた街が好きな女性には不向き
→人口密度が高く、ゴミゴミとしているのでアポで使うのは避けた方が良い。

●若年層の女性とデートをするならピッタリの場所
若年層にとってはとても居心地の良い空間なので、自分が10代~20代前半、もしくは相手の年齢や精神年齢が若いなら池袋はかなり使いやすいエリアである。

●若者がデートをするには万能
→水族館、ラブホ、カフェ、居酒屋、大人びたお店まで揃っているので、デートスポットとしては使い勝手が良い。

新宿と渋谷に並び、まさに「若者のオアシス」といった感じだ。

 

池袋に生息する女子

カジュアル系女子

いわゆる可愛い系、清楚系。メイクはナチュラルで自然。

服に派手さはなく、普通といった印象だ。

インタビューした子の中には、新垣結衣や有村架純を幼くした様な顔の系統も多かったが、服装に関しては「色気がないな〜、もったいない!」と個人的には感じてしまった笑

マッチングアプリだとwithに多く、ディズニー、音楽、カフェ巡り、写真などが好きでインドア気味の趣味が多い。

恋愛事情は「彼氏がいるorいない人」の二極端に別れ、男遊びをしている子の割合は少なかった。

純粋で真面目な子の割合も多いので、「付き合わないとHしない」という概念があるのだろう。

一方、寂しがり屋で寂しさからくる不安で男と遊ぶ女の子も一定数いることが判明した。

見た目は大人しいが、中身は性欲強めで肉食系。

肉食系うさぎといった感じだ。

 

■一部インタビューした女子の声

10代学生

女の子「男のファッションは古着系やストリート系が好き!」

R「なるほど!ストリートってスカウトマンとかが着てるイケイケな感じ?」

女の子「ううん、あれは怖い(笑) モノトーンでシンプルな感じのがいい(笑)」

R「なるほど、そんで髪型はマッシュで中性的な感じみたいな?(笑)」

女の子「そう!顔の雰囲気は菅田将暉とか横浜流星だったら最高!」

R「塩顔、高身長、中性的な感じね!俺は特農ソース顔だから論外やねw」

女の子「ふふww」

 

20代OL

R「彼氏はいる感じ?」

女の子「1年くらいいないです!」

R「結構長いね!いない時は結構遊んだりする?w」

女の子「いや、付き合ってない人とは絶対無理ですw」

R「しっかりしてるねw 周りの友達も同じ感じ?」

女の子「はい!割と真面目で一途です!」

 

20代美容系

R「彼氏は今いるん?」

女の子「いないよ!中々出来ない、、」

R「なるほど!遊んでる?(笑)」

女の子「う〜ん、まぁ(笑) 寂しさ紛らわしたくて(笑)」

R「どんな人と遊ぶことが多い?」

女の子「ん〜優しくしてくれる人とか、タイプな人かな!」

R「顔はそんなに良くなくても、優しかったり、面白い人でもいいんやね笑」

女の子「うん!寂しさ紛れるもん笑」

 

■理想の男性像

有名人だと、にっしー(AAA)、横浜流星の様な爽やかで中性的な男性を好む傾向がある。

男らしさや知的さというより、喋りやすくて一緒に落ち着く男を求める傾向にある。

キーワード的に「オシャレ、落ち着き、優しい」といった感じ。

また、Youtuberのヒカルやお笑い芸人(千鳥や和牛)なども人気であったため、

エンタメ性や面白さがある男はどの層にも共通して人気がありそうだ。

髪型は圧倒的にマッシュやミディアムが人気。

■好きな男のファッション

池袋女子の好きなファッション

池袋女子が好きなファッション

(写真はClub 恋達のメンバー)

ファッションはカジュアル系、スポーツミックスのシンプルなストリート系、古着系が人気であった。

池袋という街では、ファッションサイトのwearに掲載されている様なファッションが王道とされている。

「王道、男らしい、筋肉のラインを見せる」というファッション概念はあまり人気がないようで、

肌を焼いて体を鍛えて、男らしさを出すという行為は池袋の可愛い系女子からすると「人種が違う」と思われてしまうかもしれない、、

中性的で細身の体型の肩が体型をカバーする様なファッションが多いので、上はゆったりオーバーサイズ、下はスキニーで閉めるのがベスト。

ドクターマーチン、NIKE、アディダスのブランドに加え、GU、ZARA、H&Mなどのプチプラを上手く組み合わせ流のがオススメ。派手さや男らしさは出さずに、落ち着いた優しい雰囲気を出すのがポイントだ。

スポーティーな池袋男子のファッション

古着系女子

池袋古着系女子

個性的でシルエットはダボっとしていることが多い。

メイクや髪色は個性的で派手な傾向があり、独特の雰囲気がある。

趣味はビジュアル系バンドや邦ロック、ボカロ、漫画、アニメなど。

人によって好きなものにはバラつきがある。

一言でまとめると、

「癖が強い」

人の目を気にせず自分独自の世界観を持っている。

恋愛観については、ファッション同様にバラつきがあり、恋愛より仕事や趣味に打ち込んでる女の子も多い。

 

■インタビューした人の声

20代美容師

R「恋愛はどんな感じですか?笑」

女の子「んーいい人いないから趣味楽しんでます!」

R「そーなんだ!どんな人が好きなん?」

女の子「個性的で趣味が合う人かな!一緒に古着巡りしたり、音楽鑑賞したい!」

R「なるほど、雰囲気的に菅田将暉みたいな?」

女の子「そうそう!周りを気にせず、自分の世界出してる人がいいです」

R「アーティスティックな生き方してる人が好きそうだね笑」

女の子「はい、楽器弾けたり、ヴォーカルしてたらもう最高です笑」

 

10代専門学生

R「中々個性的なファッションですね笑」

女の子「そうですか?個性出したくて笑」

R「彼氏はいるの?」

女の子「いますよ!」

R「どんな感じの人?」

女の子「美容師やってて、髪色は派手な感じです!」

R「へー!性格も個性的そうやね笑」

女の子「はい、独特です笑」

 

池袋古着系女子

■理想の男性像

菅田将暉。髪型は圧倒的にマッシュが多く、塩顔で全体的にダボっとしているファッションが好きとのこと。

自分の個性を表に存分に出し、周りの目を気にしないアーティスティックなイメージ。

「独創的、芸術、周りの目を気にしない」

というのがキーワード。

■好きな男のファッション

古着やプチプラなどを使い、個性的な雰囲気を出している。

人と被らない独自の感性があるので、ブランドなどに固執されることはない。

全体的にオーバーサイズでダボついてる傾向になる。

ニット帽や丸メガネなどの小物を多く使う。

髪型は前髪を下ろしたマッシュや、派手なメッシュ、長めのパーマなどの個性が強い人が多い。

若めギャル

池袋にいるギャル

年齢層は18〜24歳くらいまでが多い。

海、EDM、フェス、洋楽など外向的でアクティブな趣味が多い。

マッチングアプリでは、タップルに多く存在する。

彼氏と一途に付き合う子も入れば、刺激と楽しさを求めてクラブなどで男遊びをしている子もいる。

遊び?そんなの普通でしょと言わんばかりの彼女たち。

男との出会いは、多岐に渡り、クラブ、友達主催の飲み会、紹介、アプリ、スイッチバーなど。

買い物や美容は池袋でも、夜遊びやクラブに行くとなると、池袋にいるギャルも渋谷に出向くとのこと。

圧倒的にクラブでは渋谷のTKが圧倒的に人気であった。

本能的に強くて刺激的な男を求めているので、いかに感情を揺さぶり、内面の男らしさを売れるかが勝負。

周りにいる男のレベルも高いので、池袋にいる女子の生態の中でも最も攻略が難しいと言えるだろう。

 

■インタビューした人の声

20代事務

R「男のファッションはどんな感じが好き?」

女の子「おしゃれなストリート系がいい!全身ブランドは無理だけど笑」

R「なるほど!NIKEのスニーカーとかシュプリームを上手に使う感じ?」

女の子「そう〜似合ってればシンプルでもいいけどね笑」

R「ならサーフ系とかも好き?」

女の子「うん!海が似合う感じの人好き!」

 

10代アパレル

R「池袋に何しに来てるの?」

女の子「買い物と美容かな!」

R「渋谷とか新宿は遠いから?」

女の子「うん、埼玉住んでるから池袋近い笑」

R「まぁ、何でもあるしな笑」

女の子「私の好きなブランド揃ってる笑」

 

20代美容系

R「出会いとかはあるん?」

女の子「友達の飲み会とかクラブが多いかな〜」

R「クラブとかチャラい出会い多くない?」

女の子「チャラくてもノリ良くて楽しませてくれる人が一番w」

R「パリピな感じね笑 クラブはどこ行くの?」

女の子「渋谷のTKが多いかな!」

R「やっぱりクラブ遊びは渋谷なんだ笑」

池袋ギャルが好きな男、ファッション

 

池袋で仲良くなったギャルとラーメン食べながらインタビューしましたw

■理想の男性像

三代目やジェネレーションズのような男らしくて、カッコイイ男に憧れを持つ。

筋肉が程良くあり、雄として強そうな見た目。

ギャルによっては「ノリ、おもろさ、経済力」を求めてくるので、外見も内面もどちらも持ち合わせている男が理想。

「テンション高め、男らしい、勢い」がキーワード。

ジェネレーション

3代目

■好きな男のファッション

ストリート系やサーフ系などが人気。池袋の場合は特にストリート系が主流。

インタビューでは「スカウトマンみたいな格好めっちゃ好き!」との声が圧倒的であった。

NIKE、adidas、RVCA、シュプリームなど。

黒をベースにした強そうな雰囲気や赤や黄色、金色などで派手さを演出するとベスト。

池袋ストリート系ファッション

池袋女子が好きなストリート系ファッション

池袋女子が好きなストリート系ファッション 

『終わりに』

いかがでしたでしょうか?

今回は池袋を調査しましたが、やはり東京は街に集まる女の子を紐解いていくと、

女の子の根本の価値観や生活習慣、街の特性、人間模様が見えてきます。

建物が醸し出す雰囲気、お店の雰囲気、単価、生息する人間の種族、響き渡る音と声、様々な要素が集まり一つの街が作りあげられ、その街に波長が合う人間が吸い寄せられていきます。

ちなみに僕は池袋とあまり波長が合いませんでしたw

 

個人的見解ですが、池袋は良くも悪くも、精神年齢的な若々しさを感じました。

「毎日楽しければそれでいいという軽い表情」

「どこか自信なさげで悲しげな表情」

「コンプレックスを隠したそうな雰囲気」

若さゆえの葛藤、悩み、寂しさ、孤独感、楽しさ、快楽、刺激、、、

自分が18〜22歳の時もこんな感じだったなぁ〜とふと昔の自分を思い出しましたw

心に抱えた何かを発散しに、あるいは心の足りないピースを埋めるため、あるいは刺激と快楽を求めに、

「多くの若者がこの街に集まって来ているのであろう」

と実感しました。

恐らく、今は池袋に生息する女の子も、精神が成熟する過程で行動するエリアに変動が起こるのだろうと思います。

子供の頃はマックなどのジャンキーな料理が好きで、大人になるにつれて味に繊細さや質を求めるようになっていきますよねw

味覚が変わると自然と行くお店が変わり、行くエリアも変わります。

きっと人間は、精神性と行動エリアが一致する生物なのかと。

 

だからこそ、「自分はどのような女の子と引き合いたいか?」という目標を決め、

引き合いたい女の子がどこに生息していて、そのエリアで何をして、どんな男を求めているのかを把握し、

逆算してファッション、振る舞い、トーク、行動エリア、デートスポットを考える必要があります。

 

引き合いたい女子の生態を把握するからこそ、女の子を楽しませることも出来れば、強烈な食いつきを得ることが出来ます。

 

このブログを読んで下さる読者の方々には、弱肉強食の恋愛を勝ち抜き、恋愛強者として理想の恋愛を体験して頂きたいです。

 

「こんな街を調査して欲しい!」

「記事を読んで○○が勉強になりました!」

「池袋のギャル系にこんなファッションは有効でしょうか?」

などなど、感想や疑問点があれば、

僕、Rが100%目を通して返信までさせて頂くのでお気軽にコメントをどうぞw

 

それでは!