注目キーワード
  1. ペアーズ
  2. ファッション

嘘をつかずに女性の中に例外を作り出す方法

 

身体だけを抱くことにコミットしているナンパ師や恋愛コンサルタントの元では、本当の意味であなたは幸せにはなれません。

その先に進んで待っているものは、心が壊れてしまった仲間たちと相手から徹底的に搾取することだけを考えている女性との関わり、つまり圧倒的な「虚無感」です。

永遠にレベルの高い女性と関わることはなく、流しそうめんの一番下でおこぼれに預かる運命を辿ります。

自分よりはるかに、格の違う男たちが上流で美味しい場所でいい女たちを取っていく、自分はいつも流しそうめんの一番下で残りカスのような「外見も性格も中途半端で美意識が低く色気もない女性」をすくうだけって、普通に辛いですよねw

誰もそんな立場を進んで選んでいるはずがありません。

 

スモールビジネスが隆盛を極める昨今、様々なコンサルタントがこの業界に増え、やりたい放題やり、何も考えずに悪影響を与える人が続出しています。


・マッチングアプリの写真をコンビニや服屋の試着室で撮る
・高額なブランドを持てばモテるという教え
・髪型や体型の指摘は全くせず永遠にモテさせず指導料を取ろうとする輩
・とりあえず大量に女性に声をかけろという根性論
・奇跡の写真が撮れるまで頑張れという体育会系講師
・ネトナンの写真は盛りまくることが大事という写真詐欺師
・女子ウケが何かを分かっていないのに適当に服を合わせようとするデタラメコンサルタント

既に他の指導者からサービスを受けたことがあり、心当たりがある方も一定数いることだと思います。

指導を受けるに当たっては、その人の文章から伝わる「誠実さ・見識の深さ・圧倒的な実力」やそれを裏付ける実績をきちんと確認し、決して「値段が安いからこっちにしとこか!」という目先思考の貧乏マインドで指導を受けないようにしましょう。

僕もまだまだ改善点だらけで、人のことを言えた立場にないと思いますが、誰がどう見てもデタラメで質の低いサービスをしている人に引っかかっては欲しくないのでw

 

それから、よく僕の元にこんな相談がきます。

「抱ける女性のレベルが上がりません…」
「レベルが高い女性となると相手にされません。」

悩みそれ自体は何ら悪いものでもありませんが、こういった悩みを相談してくる人の中には、

・Twitterでナンパ師のアカウントを大量にフォローして情報収集しており、卑しい考え方が脳にこびりついて汚染されている

・顔つきも卑しい顔つきになっており、まともな女性からは顔の表情だけで”きもいやつ”と思われている

・自分の人間的レベルを上げることを考えず、いかに今の自分のレベルのままでも抱ける女性のレベルを上げるかといった非本質的発想に囚われている

・トークスキルさえ極めれば、極上の女が抱けると本気で信じ込んでいる

という人がいます。別に「ナンパ自体が悪い」「ナンパ師がクソ」だとかそんなことを言っているつもりではありませんw

そういったことを言っているのではなく、

「お前の信念はないの?美学は?女性と関わるときのスタンスは?

自分を嘘で塗り固めて詐称して、等身大の自分じゃない偽りの自分で女性を抱けて嬉しい?

本当に心から満たされている?君の表情に嘘はない?」

ということで、「抱ける女性のレベルが上がりません…」「レベルが高い女性となると相手にされません。」というのは、そもそも男としての考え方のレベルが著しく低く、また高めようという気概さえないという理由に起因することが多いです。

そのコミュニティにおいて、著しく考え方のレベルが低い、上昇志向が低く堕落した人生を送っている、行動力はあるものの思考が浅い、年齢の割に人間として軽さが悪目立ちしているなど、集団のレベルが低いことで、自分のレベルも必然的に低くなります。

これはナンパ師コミュニティによくあるあるな話で、「抱ける女性の数は増えていくが、それ以降抱ける女性のレベルが上がっていかない」という現象が多発します。

単純に自分が、“いい男ではない”、”いい男になろうとしていない”、”いい男になる方向性を間違えている”ということです。

また、そういった人に非常に多い特徴として、「女とやれた、やれなかった」という勝ち負けだけで女性を見ていることが多いです。

結果を得るためなら手段を選ばずして、つまり女性のことを騙して、強烈に食いつかせれば非常に簡単です。

自分の心が痛まない不感症人間であれば、そうした手段を用い、無差別的に女性を傷つける恋愛をすれば、自らの幸せは手に入り、心は満たされるでしょう。

落ちぶれた人間は、逮捕者が出た「お酒を無理やり女性に飲ませて判断能力を奪い、セックスをする某ナンパコミュニティ」の住人と同じです。

そんなことをしていても、本物の女性の前ではすぐに見抜かれて、万が一ラインを交換したとしても、あっさりとブロックされてしまうのがオチです。

 

さらに、周りのナンパ師コミュニティの話や恋愛コンサルタントの話を聞いていると、彼らは女性とデートやLINE交換にこぎつける際に、

「心理学やNLPを駆使して….」
「年収や職業を偽って….」
「マウントを取って、圧倒的に上下関係を明確にして」

など、どれもいかに自分を大きく見せるか、相手を騙して支配下に置くか、といったようなしょうもないやり方ばかりを耳にします。

結局、

「王道で自分の価値を高めてきていない人間が教えるのだから、そ・う・い・う教え方になるよなぁ」

と思いますが、女の子をちょろまかす中学生みたいな発想や小手先テクニックを駆使したところで、”根本的なレベルアップ・成長”には繋がりません。

本物の女性、つまりたくさんの男を見てきて、男を見る目が死ぬほど養われて精神的に鬼のように成熟している、それでいて見た目もモデルや芸能人並みのルックスを持っている女性の前ではそういった今までの行動は一瞬で見抜かれます。

ちょっとした口癖、顔の表情、顔の癖、体の癖、イレギュラーな出来事の対応など、

「自分は隠すのが上手い。きっとバレていないはず」

と悦に入っているのは盲目で、見破る力が桁違いな上の女性には見破られてしまいます。

また、そういった女性には内心呆れられて心の内をすべて見透かされてしまうだけでなく、

「そっかそっか、自分のことを大きく見せたいんだね。プライドを傷つけても可哀想だから、否定せずにやんわり肯定しておこ」

と、まるで大人が子供をあやすような対応をされることでしょう。(知ると結構悲しいw)

相手を騙したり、支配下に置くようなやり方では、凄腕と呼ばれるようなナンパ師と言えども、喉から手が出るほどの美女が心も体も許してくれて、満たしてくれるようなことは絶対にありえません。

奇跡的にワンナイトだけ関係を持つことが出来たとしても、本質的には相容れない男女が何かの手違いで一夜を共にしただけに過ぎず、自然の摂理に従って関係は白紙に戻っていきます。

男であるならば、王道のやり方で正面をぶっちぎってモテるようになっていってほしいので、ただ聞こえの良いことだけを言うつもりもないですし、たまにはこうして目を覚ますような辛辣な内容も赤裸々に公開していきます。

 

しかし、今ではこうして偉そうに語っていますが、

大学3年生の頃にとてつもないブレイクスルーを果たしたあの時の僕も、今のナンパ業界やナンパ師のような行為とそこまで大差のないような行動をしていました。

 

「自分は傷つきたくないけど、美味しい思いはしたい。」

 

最初から出来ない嘘をついてしまったり、女の子に期待をさせるだけしておいてその場をやり過ごすようなこともたくさんしてきました。

一度に二人の美女と付き合い、そのどちらにも他に女性がいることを隠して、最終的に相手にバレてしまい、大きく傷つけてしまいました。

でも、もう二度と同じ過ちを繰り課さないように、この恋愛活動をする上で、自分の正体を明かし、Twitterやブログも全て、本気で向き合う女性に対して全てを暴露し、その上で相手の女性と向き合うことを決意しました。

しかし、そのようなスタンスを取ることは、これまで以上に女性とセックスしたり、深い関係を築くことがさらに難しくなることを意味します。

しかも、僕の求めているような本当の意味で内面も外見も優れていて、圧倒的な魅力を持っている女性に対してはよりハードルが上がるのです。

「でも、もう二度と同じ過ちを繰り返さない。」

そう固く決心し、自分の中で深く心に刻み込んだのです。

結果的に、その行動は思いもよらない事態を引き起こします。

 

「浮気なんてご法度、私の彼氏は絶対に一途じゃないと無理」と思っている女性の中に例外を作り、

「恋達くんだけは特別、あなたの夢や目標を応援したい」

そう思ってくれる女性が増え、さらに今まで以上に深い関係を築き、

「仕事で手伝えることがあったら何でも言ってね!」

と言ってくれる女性や実際に手伝ってくれる女性が目の前に現れたのでした。


「あぁ、自分は嘘をつかなくていい。もう自分は本当の意味で体も心も繋がった女性と向き合い、自分の夢を堂々と胸を張って目指せばいいんだ!」

と思えるようになりました。

隠し続けるのってマジで負債を将来に先送りしてどデカイ負債へと変換しているだけで、長期的に見れば1ミリも特がないですからねw

 

最近ではスペインへ旅行中の女の子からラインが来て、

「本いっぱい持ってきたのに恋達くんのサイト面白すぎてずっと見てる(笑)早く更新して(笑)全部読みきっちゃうw」

と、僕の恋愛活動を綴った「モテる男はこんな人」というサイトが、機内に持ち込んだ読みたい本より楽しいと女の子が絶賛してくれました。(僕のサイトを見ている女の子は他にも数人います)

恋達のブログが面白いと女性の感想

ちなみに、僕の実の母も「モテる男はこんな人」を見ております。実家に帰った際に「あんたコンサル予約カレンダーに戻るボタンをつけた方がお客さんのためにいいんじゃないの?」と改善案やブログの感想をもらうことがしばしばです。

 

話は逸れましたが、例え、一般的な女性とお付き合いすることが難しくなったとしても、

「なんか寂しいなー。彼女欲しいしどこかにええ感じの女の子おらんかな?」

と自分を曲げてまで、一般的な幸せを掴もうとは微塵も思いません。

偽りの自分を好きになってもらえば、女性が偽りを信じている限り幸せは続きますが、その偽りが「偽り」だと発覚したときを境に、二人の縁は引き裂かれてしまうでしょう。

だからこそ、目先の安易な「幸せそうに見える幸せ」を狙わないのです。

世間の多くの人は、この目先の一見幸せそうに見える道を選び、道を踏み外します。

 

「相手の幸せが自分の幸せ」

そんなコンセプトを作り出して、色んな仲間に出会うことができました。

本当に沢山の素敵な仲間に囲まれて、僕自身も仕事をしていてとても幸せな気持ちで包まれています。

ただこれからもっともっと素敵な仲間たちに囲まれて、圧倒的なスピードで成長していきたいので、ここで立ち止まるわけにはいきません。

もっともっと日本に圧倒的なオスとしての魅力を確立した男を輩出していきたいと思っています。

 

結局、嘘をつかずに女性の中に例外を作り出す方法は、

“自分を裏切ることなく、まっすぐに芯を貫き通し、ブレない軸を持ってこの世を渡り歩くこと”

です。

そういった人間が希少であること、弱いところを隠さずオープンにできる男が少ないこと、振り切って自分という人間で勝負をしていける度胸のある者が存在しないこと。

そういった背景を考慮すると、女性に自分の存在を「例外」だと認めさせなくても、相手の女性が勝手に「この男は別格」と認めてくれるようになります。

 

女に媚びを売ることは自分を安売りすることです。
一度安売りをすれば、安い自分でしか売ることができなくなります。

都合の良い僕(しもべ)になりたいなら別ですが。

 

 

 

ではでは!