モテたい男はチームラボデート(豊洲)が激アツ!男目線の楽しみ方教えます

 

この記事を書いている人 - WRITER -
関西出身、東京在住。 大手企業を2年で退職し、恋愛コンサルタントとして独立。 「学年で1番変態な男」「オナニー男」と名付けられた中高時代、 鏡で自分の顔を見る度に涙を流していた大学時代を送る。 経験人数300人超え、常時60人以上の女性とやりとりを経て、述べ1万人以上の女性を口説き、同時に女性を口説くだけの日々に虚しさを覚える。 「出会ってくれてありがとう」と言われる、黙っていても口説かれる男になろう。 「世の中の極上美女たちと恋愛し尽くすことで、未来の奥さんを世界で1番幸せにする」と誓い、 日々多くの人間と関わる中で男としての魅力を高め続ける道へ。 現在は延べ100人以上の恋愛の指導に携わり、1300人以上が購読しているメルマガを発行、「Club 恋達」を運営、セミナーや勉強会、コンサルティング活動を行っている。

 

「女の子の感情を揺さぶるようなデートは何ですか?」

と聞かれて、あなたは女の子のツボを押さえたデートを瞬時に思いつきますか?

僕は思いつきませんw

と言うのも、僕を始め、ブログ読者さんはみんな男です。

残念ながら女の子が楽しいと思うツボやドキドキする感情の流れが分からないからこそ、モテなくて悩んでいると思います。

でも安心してください。僕もそのうちの一人ですw

 

今回ご紹介するチームラボデートは、

「女の子を上手くリードして楽しませられる自信がない…」

という方でも自然と手を繋いだり、腕枕をしたり、人影に隠れてベ○チューしたりと、
チームラボが様々なシチュエーションであなたの下心をアシストしてくれます。

 

「女性が夢中になってしまうようなデートを考案できれば、これまで8年間培ったエッセンスを凝縮して2時間のデートで鬼のような食いつきを上げられるのに…」

とデートの帰り道に考えることもありますが、女性心理さえ分かってしまえば、
後は己の問題なので、男としての人生は飛躍的にイージーモードになるはずです。

 

そこで、今回は今話題のチームラボに行って参りました。

「チームラボってなんやねん。芸術かアートか知らんけど人工的に作ったアートミュージアムとか、ヘぇ〜そうなんや。で終わりやろw 大体名前聞いただけで何のことか想像できへんし、どうせミーハーな男女が行くところやろ」

と豆粒ぐらいの小さな気持ちを抱いていたんですが、

これが驚愕させられました。

 

チームラボを簡単に紹介しておくと、

新豊洲駅にオープンした超巨大没入空間「teamLab Planets TOKYO DMM.com(チームラボプラネッツ東京ディーエムエムドットコム)」。

テーマパークみたいな感じですね。

 

「他者と共に、身体ごと、圧倒的に没入する」

をテーマに身体ごと作品に没入し、自分の身体と作品との境界を曖昧にしていくらしいです。

 

実は女の子二人から誘われていたんですが、一人の子には、

「そのうち行こ笑」

と保留にしておき、今関係を温めている子とデートをしてきました(笑)

 

モテたい男たちに向けて結論から言います。

 

ヤラシイことしたい男は絶対に行くべきです!

 

・少しでも自分に気がありそう
・狙っている子の好感度を上げて落としたい
・イチャついてそのままホテルや自宅に誘導したい

そんなはしたないことを考えている読者さんに向けて、今回は僕なりに卑猥なデートをご紹介していきます。

 

男と女は互いに互いを知らない

どんなデートをしたら良いのか悩んでいる方って意外と多いんじゃないんでしょうか。

仲の良い男女なら温泉に入ったり、小旅行に出かけたり、はたまた海外に行ったりとデートの幅が無限大に広がりますが、基本的に出会い系アプリで出会って初対面ともなると、

・カフェ
・ご飯
・飲み

これらのデートに集約されることが多いですよね。

でもですね、これって世の中の男の99%がやってるデートなんですよ。

ということは、普通なんですよ、普通。

発想が普通。

 

僕もそのうちの一人なので発想が普通なわけですが、カフェに行ったりご飯食べたり飲んで話すという刺激は女の子も慣れっこなわけです。

例えば、自分で息子を強く握ってシコリあげる殿方は、女の子の蜜壺じゃ満足できないわけです。

電動のマッサージ機、通称:電マを使って自分の突起物をマッサージしている姫は、男性との性交渉じゃ物足りないわけです。

現代の科学技術の発展により、AVや電マといった便利な文明の利器が、このように刺激に慣れっこな男女を生み出してしまいました。

 

で、ここまでの話がどう繋がるかと言うと、

「生身の相手の感情を知らない人間が増えてしまった」

ということが言えるんです。

つまりは、「デート中にどうやって相手と良い雰囲気になってイチャイチャするのか?」といった女性へのドキドキ感を与えるということが、全く検討もつかないという事態に陥ってしまっているということです。

女性はドキドキを求めています。

ドキドキは刺激、興奮です。

自分が惚れた男にお金は求めません。

我々男たちに必要なことは、お金の力ではなく、自分の魅力で女の子を楽しませ、喜ばせることです。

 

オススメのイチャつき方

まず、入場すると水が流れる坂を上がります。

自然と手を繋ぐシチュエーションが用意されているわけです。

一部の界隈で流行っていると聞く「ハンドタッチ」も即座に合格が出るでしょう。

「危ないから手を繋ごう」

なんて女々しいことを言わずとも、自然と手を差し出せば女の子から手を握り返してくるはずです。

手を握り返してくれなければ、あなたの好感度はかなり低いと考えて良いですw

でも、水が上から流れてくる坂を歩いて登るわけですからね。普通は両脇についてある手すりを使わずに手を繋いで登るでしょう。

 

お次に、ほんのり明るく非常に歩きづらいクッションの床の部屋です。

これがまた歩きづらいので、水が流れる床で手を繋げなかった方にも二度目のチャンスが到来です。

一度座るとその気持ち良さにダメ人間になってしまうクッションのような感覚でした。

 

ちゃんと前のカップルも手を繋いでいました。

 

床が鏡になっている部屋では、男性諸君が鼻の下とちんこを伸ばすビッグチャンスです。

僕の短パンの中のパンツが見えてしまいそうなことから分かるように、スカートを履いた女性はパンツが丸見えです。

・床が鏡面になっている場所がございます。
 スカートや裾の広いズボンなどの場合、下着が映り込む可能性がございます。

チームラボ プラネッツ TOKYO (teamLab Planets TOKYO) DMMcom

と公式のホームページにも書いてありますが、

女性へ事前の配慮をするかしないかは、

あなた次第です。

 

せっかくなら今日イケるかどうか、今日出来るかどうかを判断しましょう。

これが「ハンドテスト」ならぬ「パンツテスト」です。

Tバックなら当たりですw

彼女は今日勝負下着でTバックを身につけて来ています。

普通のパンツならハズレですw

別にあなたに勝負をしてきてはいないでしょう。

 

僕と一緒に行った女の子はこの事前情報を入手していたので、スキニーデニムで来てしまいました。

もし、次回行くことがあれば、ミニスカを履いて来てもらおうと企んでおりますw

 

次の仕掛けがある部屋に移動する際に、漆のような色合いでライトアップされた長い廊下を通ることになります。

安全のため、長い廊下の端と端にチームラボのスタッフが常駐しているのですが、写真で見るよりも廊下がかなり長いため、死角が発生します。

暗い所に立つと、チームラボのスタッフからは一切見えなくなるのです。

 

これが何を意味するか?

ずばり、キスをする絶好のタイミングだということです。

ちなみに僕は監視員の目をかいくぐって濃厚なキスを2分ほどしておきました。

一緒に行った女の子も満更でもない表情になっていたことが観察できました。

男らしさがある方はそのまま壁際に彼女を追いやってキスを、男気にいまいち自信がない方はせめてここで三度目のチャンスで手を繋いでおきましょう。あるいは、後ろから抱きついておくのも良いかもしれません。

 

さて、次は完全に暗闇で膝下まで水がある部屋ですね。

プロジェクターに映し出された鯉が泳いでいてとても綺麗で感動します。

 

ここで一つ注意です。

このような幻想的な光景に、

「うわ、めっちゃ綺麗やん!」

と少年のように喜べるか、無味無臭な顔をして、

「お〜。綺麗やな〜。」

とつまらない口調で感想を言うのかで、今後の関係性が決まります。

前者は「この人と一緒に行って良かった!」となるのに対し、

後者は「この人と一緒に行ってもつまんな。二度と行かねぇわ」と興ざめされます。

 

このブログを見てチームラボデートをする読者さんは、

「うわ、めっちゃ綺麗やわ!」

と盛大に感情を乗っけて言いましょう。

ニュースキャスターのように淡々と話す喋り方や国語の授業で音読が下手くそな棒読みは厳禁です。

 

バランスボールの部屋は激アツです。

部屋に無数の巨大バランスボールが敷き詰められており、大の大人が隠れんぼをして無邪気に楽しめます。

しかし、ここで終わっては素人です。

 

  

ここでのオススメは隠れんぼをしながら部屋の隅に行き、立ちバックです。

あ、ほんまに挿れてたら出禁どころの騒ぎじゃないので挿入はちゃんとホテルか家にしましょうw

あくまで擦りつけるだけの紳士プレイに徹してくださいw

 

5秒ほど後ろからフルボッキになった硬めのちんこを押し当てていると、

なんと30代と思しき男性の後頭部を発見してしまいました。

恋達「ちょw 見られてたらばり気まずいやんw」

女の子「www」

 

擬似立ちバックを終え、次の部屋へと進むと、360度幻想的な空間が広がっていました。

色鮮やかな花がまるで自分に近づいて来そうな感覚になります。

 

オススメは、寝そべって谷間をガン見することです。

単純に幻想的な空間に癒されるも良し、谷間を見てパンツの中に手を入れてシゴくのも良し、

チームラボは我々の味方です。

 

自然と腕枕が出来るので、腕枕をして暗闇の中でキスをしましょう。

お互いに悪くない話です。

 

チームラボ(豊洲)のデートまとめ

今回は自ら流れを作りましたが、中々自分から流れを作りにくい人もチームラボも流れを助長してくれるので、デートの難易度は比較的容易でしょう。

・これから丁寧に関係を温めていきたい
・既にいい感じの雰囲気のお相手がいる
・彼女にとって特別な男になりたい

いずれにしても、チームラボデートはかなり激アツです。

オススメは平日の夜ですね!

僕が行ったときは人が少なくて待ち時間もなくノンストレスでした。

 

立ちバックしたくなった人のために概要をまとめておきます。

チームラボ プラネッツ TOKYO (teamLab Planets TOKYO) DMMcom

会期
2018年7月7日 – 2020年秋
基本価格
  • 大人 18歳以上3,200円
  • 中人 12歳~17歳2,700円
  • 小人 4歳~11歳2,000円
  • シニア 60歳以上2,700円
  • 障がい者割引
時間
9:00 – 24:00
※最終入場 23:00

住所東京都江東区豊洲6-1-16 teamLab Planets TOKYO

アクセス新豊洲駅より 徒歩1分
(ゆりかもめ東京臨海新交通臨海線)
豊洲駅より 徒歩10分
(東京メトロ有楽町線)

これを読んだ皆さんが、

気になる女性や好きな子の感情を揺さぶり、女の子の記憶に刻めますように。

 

ちなみに僕は新宿のラブホテルに宿泊してチームラボの続きをしましたw

 

 

終わり。

 

 

p.s

解散後に一緒にチームラボデートをした女の子からラインが届き、大満足して頂けたようで安心しました。

この記事を書いている人 - WRITER -
関西出身、東京在住。 大手企業を2年で退職し、恋愛コンサルタントとして独立。 「学年で1番変態な男」「オナニー男」と名付けられた中高時代、 鏡で自分の顔を見る度に涙を流していた大学時代を送る。 経験人数300人超え、常時60人以上の女性とやりとりを経て、述べ1万人以上の女性を口説き、同時に女性を口説くだけの日々に虚しさを覚える。 「出会ってくれてありがとう」と言われる、黙っていても口説かれる男になろう。 「世の中の極上美女たちと恋愛し尽くすことで、未来の奥さんを世界で1番幸せにする」と誓い、 日々多くの人間と関わる中で男としての魅力を高め続ける道へ。 現在は延べ100人以上の恋愛の指導に携わり、1300人以上が購読しているメルマガを発行、「Club 恋達」を運営、セミナーや勉強会、コンサルティング活動を行っている。
 

Copyright© モテる男はこんな人 , 2018 All Rights Reserved.