2017/07/02

女の子からラインが返ってこない理由を解説するで

 

この記事を書いている人 - WRITER -

関西出身、東京在住。

大手企業を2年で退職し、恋愛コンサルタントとして独立。

「学年で1番変態な男」「オナニー男」と名付けられた中高時代、
鏡で自分の顔を見る度に涙を流していた大学時代を送る。

経験人数300人超え、常時60人以上の女性とやりとりを経て、述べ1万人以上の女性を口説き、同時に女性を口説くだけの日々に虚しさを覚える。

「出会ってくれてありがとう」と言われる、黙っていても口説かれる男になろう。
「世の中の極上美女たちと恋愛し尽くすことで、未来の奥さんを世界で1番幸せにする」と誓い、

日々多くの人間と関わる中で男としての魅力を高め続ける道へ。

現在は延べ100人以上の恋愛の指導に携わり、1300人以上が購読しているメルマガを発行、「Club 恋達」を運営、セミナーや勉強会、コンサルティング活動を行っている。

 

皆さん女の子とラインを交換したのになんと、もれなく気になる女の子から返って来ない病にかかっていませんか?w

 

さて、このラインが女の子から返って来ないの真相を解き明かします。

まず、ラインを交換して自分から1通目を送ったのに最初からラインが返ってこない、

もしくは1~2通はやり取りできるのにすぐ返信が来なくなるという段階の人

これはですね、

 センター試験で足切りされてしまった

という理由なんですw

どういうことか?

女の子と会話をしてラインをゲットできた。「よっしゃ!可愛い子のラインゲットや。後は口説いてセックスして彼女にしよう」

なんて思うあなたは、いきなりラインが返ってこないことに苛立ちを覚え、「なんでやねん。なんで返ってこんねん。ライン交換したやんけ!あの時笑顔でいいよ♪って言うたやんけ!俺のこと無視すんなや。あいつは俺のことを分かってないねん。つまり見る目がないんやわ!ぼけなすが!」

と思われてはるかもしれません。

 

しかしですね、そもそもラインを交換する前にあなたの第一印象、会話をしていての印象が良ければ間違いなくラインが返ってこないなんてことはあり得ません。

『ラインを交換する前の印象がさほど良くなかった』

のではないのでしょうか?

女の子と出会ってから、付き合ったりセックスするまでの間には何回も試験が用意されているのです。女の子が無意識の内に課す試験です。常にその試験をクリアしていかねばならないのです。

大学受験でいうならば、初対面で会話を始め、ラインを交換するところまでがセンター試験です。

ここで合格点を叩き出しておかないと、二次試験(次のステップ)にいけないわけです。

ラインを教えてくれたからセンター試験に合格したというわけではないんです。ラインが返ってこないということはセンター試験で足切りを食らったという意味になるのです。

 

つまり、ラインを交換する段階までで、

どこかであなたが『非モテ感』を出してしまったんです。

「あ、この人女の子に飢えてるんや。やけにがっついてくるし」

そう思われたら女の子に舐められます。もはやここから挽回するのはかなり難しい。

だって足切りを食らったのだから。その後いくら挽回しようとしても、女の子という試験官は

採点すらしてくれないのです。

ここに気づかない男子があまりにも多いと思います。

がっつき過ぎるとどんな男でも非モテになってしまいます。

あなたのがっつき具合を見て女の子は何を思うでしょうか。

「セックスに困っている、普段女の子と話す機会がない人なんやろな、強引やわ、きもい」

と心の中で思います。

このブログを読んでる皆さんはくれぐれもラインを交換する前にがっつかず余裕のある振る舞いを心がけて女の子から足切りを喰らわないようにしましょう。

 

 

次です。

さて、めでたく女の子からラインが返ってくる。何度もやり取りができているという段階の皆様

おめでとうございます!

センター試験クリアでございます。

ここからが難しいのですが、何日かやりとりするとラインが途切れてしまうという殿方の皆様…

やり取りの中で、地雷を踏んでしまった

という理由が考えられます

・女の子の価値観と真っ向から反するような価値観が出る文章を送ってしまった。

・あるいは、あなたから見て、女の子の人生経験が未熟だとあなたは心の中で思い、思わず説教じみた言い方をしてしまったパターン。

・もしくは、女の子のトップ画やタイムラインを見て、それについて言及した内容がきもかった。

など、まぁいくらでもあるんですが、要は女の子にとってあなたの取った行動がきもければせっかくラインを交換したのに全て水の泡となってしまいます。

女の子はあなたの人生経験が豊富だからといって説教を求めてはいません。きもいことも求めてません。

あなたの人生経験を説教に使うか居心地の良さに使うかでモテる男と非モテな男に分かれます。

ラインで食いつきを上げるためにはラインでの会話における心地良さが重要です。

あなたとラインしていて楽しい!って思わせば勝ちです。

地雷を一度でも踏めば、

THE・END

 

「地雷は踏んでへんのちゃう?でもなんで返ってこんのやろ」

そういう紳士の方はですね、

取り締まりのように尋問を浴びせていないか?

女の子が何て返していいか分からない文章送ってないか?

という視点から自身のコミュニケーションを振り返ってみてください。

女の子に送るラインの内容が質問攻めになってないですか?

?マークをつけることは極めて重要です。

?マークをつけないと女の子も「この人何が言いたいんやろ。まぁ返さなくていっか」

となるわけです。

会話ってリレーですよね。あなたが、?マークをつけないとリレーしようにもできないですよね。あなたがボールを女の子に向かって投げてないんですから女の子からすると、「なんかボールが飛んできたような、飛んできてないような。んー、まぁスルーしとこ。」

となります。

だからといって、質問攻めは女の子からして尋問を受けているようで気持ちが悪いです。

「仕事は何してるの?販売なんだ。何の販売?販売大変そうだよね。残業とかあるの?いつもこれぐらいの時間に仕事終わるの?休みはいつなの?休みの日は何してるの?好きな人は?彼氏は?いるの?いないの?どんな男の人が好きなの?いつからいないの?なんで?てか今何してるの?明日は?いつ空いてるの?予定いつになったら分かるの?」

かなり詰め込みすぎてさすがにここまでひどい人はいないと思いますがw

女の子からすると合間の会話すっ飛ばして「なんか質問ばっかりなんだけど」って感覚だけが残ることはざらにあります。はっきり言って気づかずにやっちゃってる人死ぬほど多いです。

その感覚を女の子に覚えさせないように合間のトークは自然にすることでこちらの聞きたいことを質問しどんな女の子か当たりをつけていきます。

女の子にとって質問がうざくなくて自然な切り返し方はトーク実例お見せしますを参照ください。

 

さてさて、ここまで全ての試験をクリアして、数日、もしくは1、2週間ラインを続けていたのに、突然女の子から反応が悪くなってしまった読者の皆様

惜しいです

ここで脱落してしまうのは仕方ないです。

私も何十回も失敗しました。その度に

「なんでやねん!完璧な振る舞いしてたやんけ!女の思考回路おかしいやろ。シナプスばぐってんのちゃう?」

とイライラする日々を経験させられましたw

数年前、ようやく原因が分かったんですがね

要は

女の子を飽きさせてしまった

これは、女の子とのやり取りが単調であったり、逆に盛り上がり過ぎたがデートを取り付けるタイミングをタイミングと分からず延々とラインすることで女の子の熱が冷めてしまい、あなたに対する興味関心が薄れてしまったということが考えられます。

私の場合、ラインで心地よいリレーをしたり、電話で盛り上がって朝まで女の子を笑かせたり深い悩みを聞いたり恋バナで盛り上がったり、価値観の共有をしまくっていたわけですが

会う前に盛り上がりすぎると、女の子の満腹中枢が刺激されて「もうお腹いっぱい♪」ってなってしまってたんですね笑

会って食いつかせることが肝心なわけです。会う前に食いつきをあげる方法もありますが、基本は会ってから食いつきを上げて魅了していきます。

この辺のさじ加減についてはめちゃくちゃ難しく、また、「これ以上盛り上がったらまた冷められる」と自分では分かっていても、盛り上がりが心地よくてついつい長くなってしまう等、自己コントロールが難しい領域なので次の機会に解説させていただきますが、

要は飽きさせてはダメってことです。

会って話してあなたのトーク力で女の子の食いつき上げてセックスする、セフレにする、彼女にすることが僕たちの“最大の狙い”ですよね。

こちらの願いを叶えるためにもここはぐっと我慢して飽きさせないようにしましょう。

 

それでは!

 

この記事を書いている人 - WRITER -

関西出身、東京在住。

大手企業を2年で退職し、恋愛コンサルタントとして独立。

「学年で1番変態な男」「オナニー男」と名付けられた中高時代、
鏡で自分の顔を見る度に涙を流していた大学時代を送る。

経験人数300人超え、常時60人以上の女性とやりとりを経て、述べ1万人以上の女性を口説き、同時に女性を口説くだけの日々に虚しさを覚える。

「出会ってくれてありがとう」と言われる、黙っていても口説かれる男になろう。
「世の中の極上美女たちと恋愛し尽くすことで、未来の奥さんを世界で1番幸せにする」と誓い、

日々多くの人間と関わる中で男としての魅力を高め続ける道へ。

現在は延べ100人以上の恋愛の指導に携わり、1300人以上が購読しているメルマガを発行、「Club 恋達」を運営、セミナーや勉強会、コンサルティング活動を行っている。

 

Copyright© モテる男はこんな人 , 2016 All Rights Reserved.