2017/06/23

付き合ってくれるかどうか分からない中で告白するのはリスクである

 

この記事を書いている人 - WRITER -

関西出身、東京在住。

大手企業を2年で退職し、恋愛コンサルタントとして独立。

「学年で1番変態な男」「オナニー男」と名付けられた中高時代、
鏡で自分の顔を見る度に涙を流していた大学時代を送る。

経験人数300人超え、常時60人以上の女性とやりとりを経て、述べ1万人以上の女性を口説き、同時に女性を口説くだけの日々に虚しさを覚える。

「出会ってくれてありがとう」と言われる、黙っていても口説かれる男になろう。
「世の中の極上美女たちと恋愛し尽くすことで、未来の奥さんを世界で1番幸せにする」と誓い、

日々多くの人間と関わる中で男としての魅力を高め続ける道へ。

現在は延べ100人以上の恋愛の指導に携わり、1300人以上が購読しているメルマガを発行、「Club 恋達」を運営、セミナーや勉強会、コンサルティング活動を行っている。

 

どうも、恋達です。

今回は、狙っている意中の子を落とす時の戦略ですね。

告白ってドキドキしますよね。

付き合ってくれるかどうか分からない中で自分の好意を相手に伝える好意は勇気が必要です。

当然不安も多くあると思います。

かくいう僕も、告白をするときは緊張します。多分。笑

また、多くの男性が自分に気があるかどうかをモノサシで測らずにそのまま告白してしまい、結果「振られた」という結末を迎えることが非常に多いです。

基本的には、自分への好意をしっかりと確かめてから告白することが定石ですが、中にはこういった反論を持つ人もいるでしょう。

告白をすることで異性として見ているとの認識を相手に植え付けることができるため、それによって女の子もこちらのことを強く意識するようになる

 

しかし、これでは確度が低いわけです。

蓋然性が低いとも言い換えることができます。

要するに、「当たって砕けろ戦法」なわけで、やり方としてはナンセンスと言わざるを得ません。

かなりリスキーな戦法ですよね。

多くの男性は相手の女性との心理的距離感が分からないから、そのままイノシシのように突進してしまいます。

「相手からどう思われているかな?」

という客観的な視座があれば、かなり勘違いを防ぐことができます。

相手に好きという好意を示すのは、トランプの大富豪でいうジョーカーのように、使い時が肝心です。

大富豪で強い人って必ず、「いや、ジョーカーの使いどころ上手すぎw」ってなりますよね。

手前味噌ですが、僕は大富豪が得意なので、機会あらば勝負しましょうw

 

 

とまぁ僕の大富豪事情はどうでも良いんですが、

どうやって気になる女の子が自分に好意を持っているのかを確かめるかというと、

色んな尺度があり、多角的に見なければなりませんが、

・前のめりになってこちらの話を聞く

・女の子からデートに誘ってくる

・将来のことを匂わせてくる

・一緒にいたら楽しい、安心感があるなど、明らかな好意を示してくる

・自ら手を繋いできたり、腕を組んでくる、服の端っこを掴んでくる

・話す時や遊んでいる時の目が明らかにキラキラしている

・やたらとこちらに迎合してくる(嫌われたくない、好かれたいの証左)

・デートっぽいデートに誘っても1ミリも断ってこない(ハーバーランド、海遊館、TDL等)

・LINEの絵文字や顔文字がいつもの3倍充実していて、ハートマークがあったりなんかして賑やか

・2~3日、最大で1週間連絡を放置していると、心配になって向こうから連絡をしてくる

・突然電話をかけてきて「どしたん?」と言うと、「特に何もないけど…」と言いながら声を聞きたかったニュアンスを醸し出してくる

・家で手料理を振る舞ってくれる

・LINEの返し方が丁寧で「おやすみ」「また空いてる時連絡して」などのように、連絡が長く続くことを嫌厭して終わらせようとしてこないw

・何気ない時でもこちらを見ていて、ふと視線をやると目が合い、目を逸らすw

・元カノのこと(どんな人だったのか、なぜ別れたのか等)を詳しく聞いてくる

・「結婚願望はあるの?」「どんな人がタイプ?」と自分が対象に入っているかの確認をしてくる

 

例えば僕ですと、以前こんなことがありました。

芸能事務所に所属していてランウェイも歩いたことがある身長168cmDカップの超絶美女を落とした時です。

とある日、梅田に遊びに出ていたんですが、超絶美女とラインでやりとりをしていて、

恋達「21時ぐらいに梅田出るから最寄駅に21:30ぐらいに着くわ」

と伝えていたところ、

超絶美女「今どこ?もしまだ帰っていないなら迎えに行ってあげようかと思って♡」

と明らかな好意を示してきました。

どうやら駅まで車を出してそこから一緒に僕が住んでいた最寄り駅までドライブしながら帰りたがっていたということだと思うんですが、

恋達「あ、もう梅田過ぎたわ!今、◯◯や笑」

超絶美女「えー、もっと先に言って笑」

という下りがあったんですね。

元々「キモい」「タイプじゃない」というところからトークだけで死ぬほど笑かして食いつきを上げていったので、超絶美女からの明らかな承認と好意の言葉を確認することができ、内心「しめしめ」と思っていましたが、同時に、

「まだ油断は出来へんな。ここで綱を緩めたら元も子もない。このままいじり続けて主導権を握ったままにすることはもちろん、顔がラクダに似てるとか言うとこw」

とも思っておりましたw

すぐに手に入るものに価値を感じないのが人間の常ですよね。

ちなみにこの超絶美女ですが、人生で「可愛い」「綺麗」しか言われたことがないらしく、

恋達「てかさ、絶対今まで可愛いとか綺麗しか言われたことあらへんやろ?」

超絶美女「うん♡」

と調子こいてましたので、

恋達「いや、みんな見る目ないねんな。ラクダみたいな顔してるのにな。笑」

超絶美女「はー、むかつくー」

と言いながらいじられていることに少々のむかつきと快感を得ているように僕には見えました笑

 

話を戻しますが、デートしている女の子からの明らかな食いつきが感じられない場合は、告白しても無駄なことが多いです。

「うーん、よく考えさせて」

「せやなー。返事に1週間もらっていい?」

「ごめん。凄く嬉しいんやけど….」

と濁されたらほぼ負けですね。

この場合は、

「他にも良い男がいて、その男と並列関係で並んでいるがゆえに、彼女の中ではあなたの存在が突出していない」

というケースや、

「悪くはないけどいまいち尊敬もできないしピンと来ない。」

というケースや、あるいは、

「これぐらいの距離感の方が居心地も良いし、別に付き合うとなるとそれはまた別。今は彼氏いらんかなー。」

という場合があります。

最悪の場合は、「寂しさを埋め合わせるためのピースでしかなかった」というオチですね。

 

ちなみに僕の場合は、即答でOKをもらいます。

なぜなら、しっかりと好意を確認してから告白するからです。

狙った獲物は確実に仕留めます。

そのための戦略と駒の置き方と手順は全て頭で算段をつけます。

過去に、一度だけ即答ではなく「考えさせて」という下りを経験しましたがw

告白をして回答待ちの心理状況って、エイズ検査で陰性か陽性かの重大発表を待っているときの心境に近しいものがありますよね笑

「思い切って言ったのは良いけどフられたらどうしよう。。」

「俺今まで相当色んな子と夜を共にしたし、ひょっとしたら陽性かも。。陽性=人生の破滅やん。。」

 

はい、僕は1ミリも動揺しませんがw

 

 

女の子の好意の示し方や自分に好意があるかどうかの確認の仕方は本当に無数にあり、一概にこれだけと言い切ることができません。

ほんのちょっとした「目の使い方」「前のめりになる」「次の空いている日にちを確認してくる」など、挙げれば軽く100項目はあるんじゃないでしょうか。

何より僕が言いたいことは、

「確率の低いものに賭けるのではなく確率の高いものに賭けるという行為が意図した結果を生みやすい」

という至って当たり前の原理原則さです。

そのための好意の確認の仕方は是非とも習得しておかなければなりません。

博打は危険ですからね。

僕は確実にものにするための手を打ちます。

好きな人と確実に結ばれるためにも、無駄な失敗はしたくないですよね。

なるべく確実性を上げ、告白したらまぁ80~90%の確率で付き合えるという算段をつけてから、告白することがベストです。

いつも告白しても振られることが多い、そんなあなたは「相手のことが好き」という主観的な感情だけではなく「一体自分はどう思われているかな」という客観的な視座で自分を見るようにしてください。

その視点を獲得することが、自分のキモさ、ダサさ、イケてなさ、思い違い、勘違いを修正する唯一の思考ツールであり、認識体現力の認識の部分でもあります。

 

またですね、「告白なんかするから上手くいかへんねんで。とにかくセックスするのじゃ。セックスすれば好きになってくれるのじゃ。」という言説を採用している人がいますが、女性はセックスした人を好きになるというのは真理ですし正しい側面もあります。

しかし日常生活で知り合った女性や、同じコミュニティ内の女性と付き合いたいという場合は、わざわざ付き合う前にセックスしようとするのはあらゆる面でリスクもあり、普通の出会いで普通に彼女にしたい場合は、そんなリスクを背負わなくても良いのです。きちっと好感度を高めていけば上手くいきますので。

どこで出会おうとも、あなたに人間としての魅力がなければ、いくらセックスができたからといって、「セックスをしたら女はその男を好きになる」という付け焼き刃的な効能はすぐに低下します。

一時的に女の子からすり寄ってくる場合もありますが、一ヶ月も持たないことが大半です。

効能の程度は、痛み止めに頼り身体を騙すことと一緒ですね。

効き目はあるかもしれませんが、本質的解決には成り得ません。

少なくともこの7年間に渡るありとあらゆる経験の集積から弾き出された僕の回答です。

何かに頼るということは、その何かが剥がれ落ちた時が問題です。

僕は何にも依存しない、どんな状況でも局面を見極めて適切な声かけ(心理状況を読み取る)とアプローチ(接し方、角度)と感情の動かし方(権威トレンドを見抜く)をより洗練させていきたいと思います。

 

いつ、なんときも、しっかりと目の前の局面を正しく認識して、正しく体現できる、そんな力を身につければ、あなたの恋愛は一生、薔薇色です。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

関西出身、東京在住。

大手企業を2年で退職し、恋愛コンサルタントとして独立。

「学年で1番変態な男」「オナニー男」と名付けられた中高時代、
鏡で自分の顔を見る度に涙を流していた大学時代を送る。

経験人数300人超え、常時60人以上の女性とやりとりを経て、述べ1万人以上の女性を口説き、同時に女性を口説くだけの日々に虚しさを覚える。

「出会ってくれてありがとう」と言われる、黙っていても口説かれる男になろう。
「世の中の極上美女たちと恋愛し尽くすことで、未来の奥さんを世界で1番幸せにする」と誓い、

日々多くの人間と関わる中で男としての魅力を高め続ける道へ。

現在は延べ100人以上の恋愛の指導に携わり、1300人以上が購読しているメルマガを発行、「Club 恋達」を運営、セミナーや勉強会、コンサルティング活動を行っている。

 

Copyright© モテる男はこんな人 , 2017 All Rights Reserved.